パセコWKH-3100Sの口コミレビュー!屋内での使い方や注意点は?

パセコパセコ石油ストーブWKH-3100Sの口コミ評判をレビュー! 家電

対流型の石油ストーブ、パセコWKH-3100Sの口コミレビューしていきます。

また、屋内での使い方や注意点もまとめました。

まず、主な口コミレビューは以下です。

  • 納得の人気商品!
  • コンパクトなのに暖かい
  • コスパが良い
  • 火力が申し分ない
  • 着火後1時間でしっかりあたたまる
  • 雰囲気があってカッコいい
  • 大きさの割に軽い

良い口コミレビューがたくさん挙げられているパセコWKH-3100Sですが、一方で”匂いが気になる“という意見も多くありました。

匂いについては、やはり皆さん気になりますよね・・・。

パセコWKH-3100Sの使い方や注意点を確認したところ、まず屋外専用という事です。

屋内での使用だと、暑くなりすぎたり匂いがこもったりする危険性もあるので屋内での使用はお勧めできません。

屋外で使用することや燃料を投入後に30分以上置いてから着火することで、気になる匂いを抑える事ができるそうですよ!

使い方によっては、改善することができそうですね。

この記事では、キャンパーの中でかなり評判の人気商品であるWKH-3100Sについて、口コミレビューや屋内での使い方や注意点についてまとめました。

また、人気の理由や魅力もお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

▼パセコ石油ストーブWKH-3100Sはこちら

パセコWKH-3100Sの口コミレビュー!

パセコWKH-3100Sの口コミをレビューしていきます。

良い口コミと悪い口コミの両方をレビューしていきますね。

パセコWKH-3100Sの悪い口コミ

  • 匂いが気になる
  • 収納ケースがない

悪い口コミは主にこの2つがありました。

匂いが気になるというのは特に多く、コンパクトながら火力の強さや屋外専用という事に関係しているのかなと思います。

とはいえ、燃料を投入後に30分以上置いてから着火することで、匂いを抑える事ができるようです。

使用方法によって、匂いも軽減できそうですね。

2つ目の収納ケースに関しては、収納ケースが無い事自体への不満よりは、他社製品と比較してケースは無いんだなと感じる事が多い印象でした。

実は別売りで純正のケースが販売されていますが、純正ケースの耐久性に対するコスパがあまり良くないようです。

今後はケースのクオリティが上がっていくことも期待したいですね。

▼パセコ石油ストーブWKH-3100Sはこちら

パセコWKH-3100Sの良い口コミ

次に良い口コミを紹介していきます。

ストーブ機能が抜群

  • 火力が申し分ない
  • 着火後1時間でしっかりあたたまる
  • 1泊は余裕でできる
  • キャンプ料理にも活躍してくれる

パセコWKH-3100Sは軽量ながらも十分な火力で、ストーブとしての暖かさをしっかりと発揮してくれます。

ソロキャンパーにとっては申し分ない火力で、キャンプ料理の調理にも活躍してくれるという口コミが多くありました!

燃料を満タンにしておけば、1泊は余裕で使えるようなので、肌寒い季節のキャンプでも安心ですね。

パセコWKH-3100Sがあれば、冬のキャンプも充実しそうだね♪

コスパが良い

  • 初めてでも手が出やすい価格
  • 2万円以下で買える

パセコWKH-3100Sは2万円以下で購入できます。

キャンプデビューをしたばかりで迷っている人にとっては購入に踏み切りやすい価格ですね。

実際に使用した人の口コミの中でも、機能性などのトータル評価でもコスパが良いとの意見がたくさんありました。

“間違いない”という安心感が嬉しいですね。

デザインが良い

  • 雰囲気があってカッコいい
  • 見た目も可愛い
  • 大きさの割に軽い

パセコWKH-3100Sはデザイン性もとても好評です。

雰囲気がある色味のカラー展開や、男女問わず人気の可愛いらしいデザインで、キャンプ時間をより魅力的に演出してくれそうですね。

商品自体は韓国発のものなので、センスが良いのも納得です!

キャンプグッズはデザイン性が高いものが増えているから、引けを取らず嬉しい!

▼パセコ石油ストーブWKH-3100Sはこちら

パセコWKH-3100Sの屋内での使い方や注意点は?

パセコ石油ストーブWKH-3100Sの使い方や注意点

パセコWKH-3100Sは屋外専用のストーブです。

屋内での使用だと、暑くなりすぎたり匂いがこもったりと危険性もあるので、屋外で使うことをお勧めします。

使い方は、給油口に燃料を入れたら燃焼筒つまみを持ち上げて着火するだけです。

自動点火装置には単2電池が4本必要です。

火力はコントロールダイヤルを右に回して調整します。

匂いが強くならないためにも、給油後に30分時間を置くように注意してくださいね。

▼パセコ石油ストーブWKH-3100Sはこちら

パセコWKH-3100Sのメリットデメリットは?

WKH-3100Sのメリットデメリット

続いて、パセコWKH-3100Sのメリットとデメリットを紹介します。

パセコWKH-3100Sのデメリット

パセコWKH-3100SのデメリットはJHIA認証されていないため、屋外専用であることです。

そのため、テントや屋内で一般的なストーブとしての使用も考えている人にはお勧めできません。

パセコWKH-3100Sのメリット

パセコWKH-3100Sのメリットは持ち運びがしやすいサイズ感です。

重さは5.2kgと比較的軽量です。

本体の背丈が低いので車にも積みやすく、キャンプに最適です。

ひとりで持ち運びしても苦にならず、使い勝手が良いのがとても魅力的ですね。

女性のソロキャンパーにもお勧めだね!

▼パセコ石油ストーブWKH-3100Sはこちら

パセコWKH-3100Sの機能や特徴

韓国の老舗メーカーであるパセコの対流型石油ストーブWKH-3100S。

火力・燃料共に、旧モデルと変わらぬ性能を維持しながらもサイズがコンパクトに進化しています。

WKH-3100Sの機能や特徴についても詳しく解説していきます。

出力がパワフル

WKH-3100Sは、高出力3.0kW/hです。

出力がパワフルなので、天板が暖まるのが早いのはとても嬉しいですよね。

キャンプ時の料理はもちろん、ホッとしたい時のティータイムなども過ごしやすくなりそうですね。

燃焼時間

WKH-3100Sは、最大で約18時間の連続使用が可能になりました。

旧モデルと比較してもタンク容量が7ℓから5.3ℓと軽くなっているにもかかわらず、燃焼時間が長くなっていることからも、製品の進化を実感できます。

また、上部の天板への熱の伝わり方も旧モデルと比較すると約40%も時短ができるようになったので、使い勝手も更に良くなりました。

すぐに暖かくなることも、料理に素早く取りかかれることも、キャンパーにとって嬉しい進化となっています。

デザイン性

WKH-3100Sはアウトドアでもお洒落な空間を演出してくれるような雰囲気の良い素敵なデザインになっています。

カラー展開も旧モデルから更に増えて、5色の中からお好みのカラーを選べます。

5色のカラー
  • ブラック
  • ホワイト
  • グレー
  • タン
  • サンドベージュ

また、本体を570mmから440mmまで小型化できる様になっているので収納にも便利です。

カラーも増えてサイズもコンパクトなので、女性のキャンパーにもとても喜ばれているようです。

カラーが5色から選べるなら、自分好みのカラーにできて嬉しいね!

▼パセコ石油ストーブWKH-3100S

パセコWKH-3100Sの口コミレビュー!屋内での使い方や注意点は?まとめ

今回はパセコWKH-3100Sの口コミをレビューしました。

主な口コミは以下です。

  • 納得の人気商品!
  • コンパクトなのに暖かい
  • コスパが良い
  • 火力が申し分ない
  • 着火後1時間でしっかりあたたまる
  • 雰囲気があってカッコいい
  • 大きさの割に軽い

多くの口コミがある中で、とても評判が良くて初心者にもはじめやすいことがわかりました^ ^

屋外専用の製品なので、用途には十分に注意しながら、素敵なアウトドアシーンを過ごせると良いですね。

ぜひ、参考にしてください♪

▼パセコ石油ストーブWKH-3100Sはこちら

家電
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました