JPH-S100とJPL-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?タイガー炊飯器

家電

タイガー炊飯器JPH-S100とJPL-S100の違いを比較してご紹介していきます。

どちらがどんな人におすすめなのかについてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

JPH-S100とJPL-S100のは、以下の12項目です。

  • 加熱方式が違う
  • JPL-S100は「連続ノンストップ加熱機能」搭載
  • JPH-S100は「つや艶内ふた」採用
  • JPL-S100は炊き分けの種類が多い
  • JPL-S100は銘柄巧み炊き分けができる
  • JPL-S100はおひつ保温ができる
  • JPL-S100は操作方法がタッチパネル
  • 炊飯メニューが違う
  • お手入れ方法が違う
  • デザインが違う
  • JPL-S100は、内なべの保証期間が長い
  • JPL-S100の方が価格が高い

どちらも土鍋で炊いたようなもちもちで甘いご飯を簡単に炊き上げることができる炊飯器です。

JPH-S100とJPL-S100の大きな違いは、JPL-S100の方が多機能であることだと思います。

JPL-S100は、ご飯をより甘くてもちもちにする「連続ノンストップ加熱」機能や「銘柄巧み炊き分け」、「おひつ保温」など、ご飯をより美味しく食べられる機能がたくさん付いています。

どちらがおすすめなのか簡単にまとめると、

ご飯の炊きあがりにこだわりたい方は、JPL-S100がおすすめ。

機能面よりも価格を安く抑えたいという方には、JPH-S100がおすすめですよ^^

とはいえ、JPH-S100ならではのメリットもたくさんありますよ~♪

詳しくは本文にてご紹介していくので、じっくりと検討してみてくださいね。

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100はこちら!

>>JPH-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-S100はこちら

>>JPL-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

JPH-S100とJPL-S100の違いを比較!タイガー炊飯器

タイガー炊飯器土鍋ご泡火焚きJPH-S100とJPL-S100の違いは、12個です。

  • 加熱方式が違う
  • JPL-S100は「連続ノンストップ加熱機能」搭載
  • JPH-S100は「つや艶内ふた」採用
  • JPL-S100は炊き分けの種類が多い
  • JPL-S100は銘柄巧み炊き分けができる
  • JPL-S100はおひつ保温ができる
  • JPL-S100は操作方法がタッチパネル
  • 炊飯メニューが違う
  • お手入れ方法が違う
  • デザインが違う
  • JPL-S100は、内なべの保証期間が長い
  • JPL-S100の方が価格が高い

一つずつご紹介していきますね!

炊きあがりの仕上げ方法が違う

JPH-S100とJPL-S100は、どちらも土鍋圧力IHですが炊きあがりの仕上げ方法が少し違います。

JPH-S100は、可変W圧力IHで仕上げます。

可変W圧力IHとは、大小2つの圧力ボールにより、炊飯時の圧力を変えるという機能です。

炊きあげ時に1.25気圧の圧力をかけ、炊きあげ後に1.05気圧まで減圧するという方法で、べたつきを抑えたもちもちのご飯に仕上げることができます。

JPL-S100は、多段階圧力機構で仕上げます。

多段階圧力機構とは、仕上げ時の圧力を段階的にコントロールしてお米の甘みを引き出すという方法。

JPL-S100は、土鍋圧力IHでありながら圧力ボールが付いていませんが、ハリつやポンプ&間欠呼吸が採用されています。

ですので、余分な水分をコントロールしながら高温を維持し、甘み&ハリのあるご飯を炊き上げることができますよ。

JPL-S100は「連続ノンストップ加熱機能」搭載

JPL-S100には、連続ノンストップ加熱機能が搭載されています。

連続ノンストップ加熱は、最大火力の時間を理想的な時間まで延長することができる機能で、お米の粘り&甘みをアップさせることができます。

JPH-S100には付いていない機能なので、JPL-S100の方がより甘くてもちもちしたご飯を食べられそうですね!

JPH-S100は「つや艶内ふた」採用

JPH-S100とJPL-S100は内ぶたが違います。

  • JPH-S100:つや艶内ふた
  • JPL-S100:マグネット式着脱内ぶた

それぞれの内ぶたの特徴はこちら!

【JPH-S100:つや艶内ふた】

  • 親水効果により、加熱時の余分な水分が蒸発しやすい
  • 水分が水滴になりにくいから、つゆだれしてご飯がべチャっとなりにくい
  • 保温時は、内ぶたに水分の膜を張るから乾燥を防ぐことができる

【JPL-S100:マグネット式着脱内ぶた】

  • マグネット式で着脱しやすい
  • ボールレス構造だからお手入れしやすい
  • 食器洗い乾燥機で丸ごと洗える

このように、どちらの内ぶたにもメリットがありますが、JPH-S100のつや艶内ぶたのしずくができにくいというのは、ご飯の美味しさにも関係してくるので大きなポイントになりそうです。

JPL-S100の食器洗い乾燥機で洗える内ぶたも魅力的♪

JPL-S100は炊き分けの種類が多い

JPH-S100とJPL-S100は、どちらもご飯の炊きあがりの粘り加減を炊き分けることができます。

ですが、JPL-S100の方が炊き分けの種類を細かく設定することができますよ!

JPL-S100は5段階に炊き分け可能で、

  • しゃっきり
  • ややしゃっきり
  • 標準
  • ややもっちり
  • もっちり

という食感を選ぶことができます。

JPH-S100は、3段階に炊き分け可能で、

  • しゃっきり
  • 標準
  • もっちり

となっています。

より色々な食感のご飯を楽しみたい♪

お弁当やチャーハンなど、料理とご飯の相性にこだわりたい!

という方は、5段階に炊き分けられるJPL-S100の方が良いかもしれませんね。

色々な種類を炊いて食べ比べてみるのも面白そう!

JPL-S100は「銘柄巧み炊き分け」ができる

JPL-S100は、お米の種類によってベストな状態で炊き上げることができる「銘柄巧み炊き分け」機能がついています。

水分率やたんぱく質の量など膨大なデータを細かく分析し、銘柄の特徴に合った炊き加減で炊き上げます。

それぞれのお米に合った炊き方をしてくれるから、その銘柄の良さを存分に楽しむことができそうですね!

ちなみに、炊き分けられる銘柄は70種類で、コシヒカリやひとめぼれ・あきたこまちなど、有名な銘柄は操作パネルからワンタッチで選択することができますよ^^

いつも食べているお米がグッと美味しく炊きあがるかも?

JPL-S100はおひつ保温ができる

JPH-S100とJPL-S100は、どちらの保温機能が付いていますが、JPL-S100には「おひつ保温」機能が付いています。

おひつ保温は、木製のおひつのように空気と水分をコントロールし、ちょうどいい湿度を保ってくれまよす。

炊きあがりから時間が経ったご飯を美味しく食べる機会が多い方には嬉しい機能ですよね!

いつでも美味しいご飯を食べられるなんて幸せ♪

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100はこちら!

>>JPH-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-S100はこちら

>>JPL-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

JPL-S100は操作方法がタッチパネル

JPH-S100メニューの切り替えが操作ボタンなのに対し、JPL-S100は「タッチパネル式」になっています。

普段からスマホなどに慣れている方は、JPL-S100のタッチパネル式の方が操作しやすいかもしれませんね。

ちなみに、予約・炊飯・取り消しの操作は、どちらも操作ボタンとなっています。

液晶部分も両方の機種にホワイトバックライトが採用されているから、画面の見やすさに変わりはなさそうですね。

炊飯メニューが違う

JPH-S100は、12種類。

JPL-S100は、15種類。

というように、炊飯メニューが違います。

以下の表にそれぞれのメニューをまとめました。

JPH-S100JPL-S100
エコ炊きエコ炊き
白米白米(銘柄巧み炊き分け対応)
早炊き早炊き
炊き込み炊き込み(白米・一合・麦・雑穀・玄米)
おかゆおかゆ
玄米玄米
麦めし押し麦麦めし押し麦
麦めしもち麦麦めしもち麦
調理
雑穀米雑穀
おこわおこわ
少量旨火炊き一合料亭炊き
タイガー公式HP参照

JPL-S100の方が炊き込みの種類が多いことに対し、JPH-S100は調理メニューがあります。

外してお手入れする部品が違う

JPH-S100とJPL-S100は、主にお手入れする部品が違います。

JPH-S100は、内なべ・内ぶた・スチームキャップ(食洗器対応)の3点。

JPL-S100は、マグネット式着脱内ぶた(食洗器対応)・本土鍋の2点となっています。

どちらも簡単に外してお手入れすることができるので、毎日清潔に使うことができますね。

デザインが違う

JPH-S100とJPL-S100は、見た目とカラー展開が違います。

JPH-S100は、どこからでも綺麗に見えるように凹凸が少ないデザインになっています。

カラー展開はスレートブラックの1色のみ。

JPL-S100もスッキリとしたデザインですが、蓋の部分に凹凸がありますね!

カラー展開は、スレートブラックとミストホワイトの2色となっています。

8/11〜16は夏季休業です。沖縄・離島配送不可★【140】JPL-S100-WS タイガー TIGER 5.5合炊き 土鍋圧力IHジャー炊飯器 土鍋ご泡火炊き 炊きたて ミストホワイト【楽天あんしん延長保証加入可能】【kk9n0d18p】◆

JPL-S100は、内なべの保証期間が長い

JPH-S100とJPL-S100は、内なべの保証期間も違います。

JPH-S100は保証期間が3年ですが、JPL-S100の保証期間は5年です。

JPL-S100の方が価格が高い

JPH-S100とJPL-S100では、価格帯も違います。

JPH-S100よりもJPL-S100の価格の方が高くなっています。

2つの機種には約40,000円ほどの価格差があるので、価格を抑えたいという方はJPH-S100の方が良いかもしれませんね。

最安値など詳しい価格については、以下のリンクから確認してみてください。

▼JPH-S100の価格を見てみる

>>楽天市場はこちら

>>Amazonはこちら

>>Yahoo!ショッピングはこちら

▼JPL-S100の価格を見てみる

>>楽天市場はこちら

>>Amazonはこちら

>>Yahoo!ショッピングはこちら

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100はこちら!

>>JPH-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-S100はこちら

>>JPL-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

JPH-S100とJPL-S100はどっちがおすすめ?

タイガー炊飯器JPH-S100とJPL-S100の違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのか整理していきましょう!

JPH-S100はこんな人におすすめ

  • 土鍋ご泡火炊きの機能があれば十分
  • シンプルな色の炊飯器が好き
  • 価格を抑えたい

JPH-S100も土鍋ご泡火炊き機能により、もちもちで美味しいご飯を炊き上げることができるので、今ある機能で十分だと感じる方はJPH-S100がおすすめです。

色もシンプルなブラックなので、スッキリした見た目を楽しめると思いますよ。

また、価格はJPL-S100よりお安くなるので、価格を抑えたい方にもピッタリですね!

JPL-S100はこんな人におすすめ

  • より多機能で便利に使いたい
  • 色々なお米を楽しみたい
  • ホワイトの炊飯器が欲しい

JPL-S100は、新しく「連続ノンストップ加熱」が搭載されていますし、おひつ保温や銘柄巧み炊き分けなど、より多くの機能が装備されています。

また、カラー展開が2色でホワイトを選ぶことができるので、キッチンに合わせてホワイト系の炊飯器が欲しいという方にピッタリですね^^

結果的に、

機能面よりも価格を抑えたい:JPH-S100

お米の炊きあがり加減にこだわりたい:JPL-S100

という感じかなと思います。

どちらも土鍋で炊いた美味しいご飯が食べられるので、ご自身の生活スタイルなどに合わせて選んでみてくださいね!

JPH-S100とJPL-S100の共通の機能や特徴

ここからは、タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100とJPL-S100の共通する機能や特徴についてご紹介していきます。

土鍋ご泡火炊きでお米の甘みを引き出します

JPH-S100とJPL-S100は、どちらも高火力・遠赤効果・細やかな泡立ちで美味しいご飯を炊き上げます。

最大約250度の高火力でお米の甘みを引き出し、遠赤効果でじっくりと熱を加えることにより旨みを引き出します。

また、細やかな泡立ちによりお米がぶつかって傷つくことが少なくなるので、表面はツヤツヤでもっちりとした食感に仕上がりますよ^^

少量でも美味しく炊ける

JPH-S100とJPL-S100は、少量で炊いても美味しく仕上がる機能が付いています。

通常お米を少量で美味しく炊き上げるのは、お米一粒一粒に熱が均等に伝わりにくいため難しいとされていました。

ですが、JPH-S100には少量旨火焚き、JPL-S100には一合料亭炊きの機能が付いているので、一人分炊きたい時でも美味しいご飯を炊くことができます。

抗菌加工しゃもじを採用

2つの機種を購入すると、抗菌加工されたしゃもじが付いてきます。

大腸菌や黄色ブドウ球菌などの繁殖を防いでくれるので、より安心・安全に美味しいご飯を食べることができますよ。

しゃもじにもこだわりたい方にはピッタリですね!

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100はこちら!

>>JPH-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-S100はこちら

>>JPL-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

タイガー炊飯器JPH-S100とJPL-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

以上、タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100とJPL-S100の違いを比較ました。

JPH-S100とJPL-S100のは、以下の12項目です。

  • 加熱方式が違う
  • JPL-S100は「連続ノンストップ加熱機能」搭載
  • JPH-S100は「つや艶内ふた」採用
  • JPL-S100は炊き分けの種類が多い
  • JPL-S100は銘柄巧み炊き分けができる
  • JPL-S100はおひつ保温ができる
  • JPL-S100は操作方法がタッチパネル
  • 炊飯メニューが違う
  • お手入れ方法が違う
  • デザインが違う
  • JPL-S100は、内なべの保証期間が長い
  • JPL-S100の方が価格が高い

どちらの炊飯器も土鍋ご泡火炊きにより、もちもちで旨味のあるご飯を炊き上げることができます。

JPH-S100は、十分美味しいご飯を楽しむことができますが、JPL-S100ほど多機能ではありません。

ですが、価格を抑えられることができます。

JPL-S100は連続ノンストップ加熱機能が搭載されたことにより、さらにもちもちのご飯を食べることができるようになりました。

また、おひつ保温や銘柄巧み炊き分けなど、よりご飯を美味しく食べられる機能が充実しています。

結果的に、

JPH-S100は、美味しいご飯が食べられるなら機能の多さは気にならない!

それよりも価格を抑えたいという方におすすめです。

JPL-S100は、価格よりも機能重視!

ご飯の炊き加減などをより細かく設定して、ご飯の仕上がりにこだわりたい方におすすめですよ。

どちらの炊飯器も土鍋で炊いた美味しいご飯が食べられるので、毎日のご飯が楽しみになりそうですね♪

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPH-S100はこちら!

>>JPH-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-S100はこちら

>>JPL-S100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

家電
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました