SR-MPA102とSR-MPA101の違いを比較!どっちがおすすめ?

SR-MPA102とSR-MPA101の違いを比較 家電

パナソニックのおどり炊き炊飯器SR-MPA102とSR-MPA102の違いを比較してご紹介していきます。

SR-MPA102とSR-MPA101を比べると、違いは3つありました!

  • SR-MPA102に金芽ロウカット玄米専用コースが追加された
  • SR-MPA102のワンタッチふたが食洗機対応になった
  • 価格の違い

どちらもパナソニック独自の技術である「おどり炊き」で美味しいご飯に仕上げてくれます。

炊飯メニューも豊富ですし、食感を炊き分ける機能も付いているので、自分好みのご飯を炊き上げることができますよ^^

この記事では、新旧モデルの違いに加えて、このシリーズの最大の魅力であるおどり炊きの仕組みや

それぞれのモデルの特徴なども解説していきたいと思います。

詳しくは本文を参考にしてみてくださいね!

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA102はこちら

>>SR-MPA102の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA101はこちら

SR-MPA102とSR-MPA101の違いを比較!

SR-MPA102とSR-MPA101の違いは、3つあります。

  • SR-MPA102に金芽ロウカット玄米専用コースが追加された
  • SR-MPA102のワンタッチふたが食洗機対応になった
  • 価格の違い

ひとつずつご紹介していきますね!

SR-MPA102に金芽ロウカット玄米専用コースが追加された

1つめは、SR-MPA102に新機能が搭載されたことです。

SR-MPA102には、東洋ライスが販売している”白米の様に食べられる玄米で”お馴染みの「金芽ロウカット玄米」の専用コースが搭載されました。

金芽ロウカット玄米は、この機能を使えば玄米を手軽に摂取しやすくなるので、健康面でもより安心感を得られそうです。

SR-MPA102とSR-MPA101で一番大きな違いが「金芽ロウカット玄米」の専用コースが搭載されたことなので、普段から金芽ロウカット玄米を食べている方には嬉しい機能ですね!

▼金芽ロウカット玄米を見てみる

金芽ロウカット玄米とは、玄米のデメリットでもある「硬さ」や「炊きにくさ」を払拭した画期的なお米なんだって!栄養価はそのままに、白米のような食べやすさがポイント!

SR-MPA102のワンタッチふたが食洗機対応になった

2つめは、SR-MPA102はワンタッチふた加熱版が食洗機対応になったことです。

SR-MPA101でも、各パーツを取り外して丸洗いするだけでとても簡単でしたが、SR-MPA102ではふた部分が食洗機対応になったので更にお手入れが楽になりました。

食後の後片付けの負担が少しでも軽くなるといいなと思っている人にとっては、SR-MPA102とSR-MPA101のお手入れの差も重要なポイントになりそうです。

価格の違い

3つめは価格の違いです。

SR-MPA102の価格は、平均的に約46,000〜50,000円。

SR-MPA101は、平均的に約36,000〜40,000円ほどで販売されています。

新旧モデルの違いは約10,000円くらいの違いがあるようですね!(2022年9月現在)

新機能の金芽ロウカット玄米専用コースや、お手入れが楽になった食洗機対応のふた加熱版、そしてより美味しいご飯を炊き上げる釜に進化したこと。

この違いが、SR-MPA102とSR-MPA101の販売価格の差に繋がっているんですね。

価格は変動していく可能性が高いので、詳しくは以下のリンクから確認してみてください^^

▼SR-MPA102の価格を見てみる

>>楽天市場はこちら

>>Amazonはこちら

>>Yahoo!ショッピングはこちら

▼SR-MPA101の価格を見てみる

>>楽天市場はこちら

>>Amazonはこちら

>>Yahoo!ショッピングはこちら

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA102はこちら

>>SR-MPA102の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA101はこちら

SR-MPA102とSR-MPA101はどっちがおすすめ?

SR-MPA102とSR-MPA101は、どちらもおどり炊きという魅力的な炊飯器ですが、私のおすすめは新モデルのSR-MPA102です。

新しい機能が加わったり、お手入れが楽になったというのがおすすめのポイントです。

ここではそれぞれの特徴などについて解説しながら、どんな人におすすめしたいかもご案内していきます。

SR-MPA102はこんな人におすすめ

  • 金芽ロウカット玄米を手軽に食べたい
  • お手入れをラクにしたい

SR-MPA102は、金芽ロウカット玄米が炊ける様になったので、健康志向の人や体質改善をしたい人にもおすすめです!

また、食洗機対応のワンタッチふた加熱版でお手入れが楽になったので、食後の後片付けの負担を少しでも減らして、のんびりすごしたい人にも嬉しいですね。

SR-MPA101はこんな人におすすめ

  • 白米が炊ければ十分
  • 価格を抑えたい
  • 自宅に食洗器がない・設置する予定がない

SR-MPA101は、金芽ロウカット玄米が炊ける専用コースがありませんが、白米メインで食べているという方には、十分な機能が備わっています。

また、洗い物は手洗いの方が良い!という方にもピッタリですね^^

新モデルのSR-MPA102と比較して価格が抑えられるので、今ある機能で十分という方にはSR-MPA101がおすすめです。

結果的に、

金芽ロウカット玄米を手軽に食べたい、洗い物をラクしたいという方は、SR-MPA102。

美味しい白米が食べられれば十分、食洗器も使わないから価格を抑えたいという方は、SR-MPA101。

というように選ぶといいかと思います。

いずれにしろ、SR-MPA102とSR-MPA101のどちらの炊飯器も食感を細かく設定できるので、メニューによって変えるのはもちろん、小さい子供や、ご年配のおじいちゃんおばあちゃんまで、家族の状況に合わせて炊き分けられます。

好みによってご飯を炊き分けられると、毎日のご飯がより楽しみになりそう♪

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA102はこちら

>>SR-MPA102の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA101はこちら

SR-MPA102とSR-MPA101の共通の機能や特徴

可変圧力IHジャー炊飯器のHIGH STANDARDシリーズとして発売されたSR-MPA102とSR-MPA101。

ここでは、シリーズの共通点や特徴などをご紹介していきます。

  • おどり炊き
  • 大火力IHでの全面加熱
  • ダイヤモンド竈釜
  • 豊富な炊飯メニュー

おどり炊き

シリーズ最大の特徴であるおどり炊きは、パナソニックの特許技術です。

1.2気圧(約105℃)まで加熱したあとに、1.0気圧(約100℃)まで減圧することで、釜内に対流を起こさせてお米をおどるように舞わせます。

これを繰り返しながら炊くことにより、お米本来の旨みをひき出すことができるんですね!

おどり炊きの技術があれば、甘くてもちもちな美味しいご飯に仕上げてくれますよ^^

大火力IHでの全面加熱

SR-MPA102とSR-MPA101は、どちらも底や側面で5段階IHを切り替えながら大火力で集中加熱をする仕組みになっています。

大火力IHを繰り返すことで、内と外に大流を発生させ(高速交互対流)全体を均一に加熱することができるのです!

おどり炊きが実現できているのは、このIH大火力の技術があってこそなんですね。

また、パナソニックの独自開発によってふた部分もIHになっているのも特徴的です。

ダイヤモンド竈釜

SR-MPA102とSR-MPA101には「ダイヤモンド竈釜」が採用されています。

発熱性・効率性・蓄熱性が高い素材でできているため、しっかりと熱を加えるのが特徴です。

更に、耐摩耗性が高いと言われるダイヤモンドハードコートによって、釜の内側で細かくした泡で一粒一粒のお米をしっかり包み込むことで、お米の甘みと旨みを閉じ込めます。

この釜の素材へのこだわりもまた、より美味しいお米が炊き上がる秘訣なんですね。

【ダイヤモンド竈釜】

  • 内側:細かい泡を多く発生させ、耐久性を高める素材が使われた「ダイヤモンドハードコート」
  • 基材:熱伝導&発熱性が抜群のアルミ&パワフルステンレス
  • 外側:蓄熱性に優れている中空セラミック&金色グラデーション塗装

豊富な炊飯メニュー

SR-MPA102とSR-MPA101は、どちらもメニュー数が13通りもあるんです!

白米・無洗米・玄米・発芽・金芽ロウカット玄米(SR-MPA101)/分づき米(SR-MPA101)・麦ごはん・雑穀米・炊き込み専用・炊きおこわ・すし/カレー・おかゆ・玄米がゆ・発芽・分づきがゆ・雑穀米がゆ

豊富なメニュー数に加えて、食感を炊き分ける機能もあるんですよ^^

【銀シャリ炊き分け4種類】

  • 銀シャリ
  • かため
  • やわらかめ
  • もちもち

さらに、普通の炊飯機能だけでなく、

  • エコ炊飯
  • 高速炊飯
  • 少量炊飯
  • 冷凍ごはんコース
  • いきいき保温

など、便利な機能が盛りだくさんです^^

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA102はこちら

>>SR-MPA102の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA101はこちら

【見出し2】SR-MPA102とSR-MPA101の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

以上、パナソニック炊飯器おどり炊きSR-MPA102とSR-MPA101の違いの比較や特徴などについてまとめてみました。

SR-MPA102とSR-MPA101の違いは、3つでしたね!

  • SR-MPA102に金芽ロウカット玄米専用コースが追加された
  • SR-MPA102のワンタッチふたが食洗機対応になった
  • 価格の違い

どちらも炊飯メニューが豊富で、こだわりがたっぷりと詰まった炊飯器であることがわかりました!

結果的に、

SR-MPA102は、金芽ロウカット玄米を手軽に食べたい、洗い物をラクしたいという方におすすめ。

SR-MPA101は、白米メインで食べたい、食洗器は使う予定なしだから価格を抑えたいという方におすすめです。

そして、どちらの炊飯器でもメインの特徴であるおどり炊き。

実はこの「おどり炊き」の炊飯器は、開発チームの並々ならない挑戦でうまれた特許技術なんですよ!

日々、進化し続ける炊飯器ですが、この記事を最高の炊飯器選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA102はこちら

>>SR-MPA102の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼パナソニックおどり炊きSR-MPA101はこちら

家電
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました