マリトッツォの上手な食べ方を紹介!食べにくいと感じる理由は?

マリトッツォが食べにくい?おすすめの食べ方は? 人気商品

マリトッツォの上手な食べ方をご紹介していこうと思います。

大人気のマリトッツォですが、食べにくいと感じる方が多いようですね。

たしかに、マリトッツォってめちゃくちゃ美味しいけれど、クリームたっぷりでハンバーガー感覚で食べるとクリームがはみ出てしまったり、手が汚れてしまったりしますよね。

マリトッツォを上手に食べるおすすめな食べ方が知りたい!

ということで、この記事では、食べにくいと言われているマリトッツォを上手に食べるおすすめの食べ方をご紹介します。

マリトッツォの通販・お取り寄せ情報はこちら↓

マリトッツォの通販情報|お取り寄せできる人気店を紹介!

スポンサーリンク

マリトッツォの上手な食べ方とは?

マリトッツォは、見た目もオシャレでカワイイですが食べ方を失敗すると大惨事に…笑

家で食べるときなどは豪快にガブっと食べたいですが、お店などでは上品に食べたいですよね。

それでは、マリトッツォの上手な食べ方をご紹介します。

いくつかあるので、お好みの食べ方を試してみてください♪

①上下のブリオッシュを分けて食べる

「上下のブリオッシュを分けて食べる」というのは、マリトッツォのクリームの部分にフォーク、もしくはスプーンを入れ半分に割ってから片方ずつ食べるという方法です。

「ブリオッシュ」というのはマリトッツォのパンの部分だよ♪

ハンバーガーでいうと「上下のパンの部分を分けて、均等に具材を乗せて別々に食べる」という感じ。

普通のハンバーガーは豪快にガブっと食べるのが醍醐味だと思うので、このような食べ方は少ないと思いますが、マリトッツォの食べ方としてはおすすめです♪

フォークなどを使うことで手も汚れにくいですしお上品に食べられそうですね。

②上のブリオッシュを外して食べる

「上のブリオッシュを外して食べる」というのは、マリトッツォの上の部分を手で外し、食べやすい大きさにちぎってクリームをつけながら食べるという方法です。

上のブリオッシュを食べ終えたら、残ったクリームと一緒に下のブリオッシュも食べます。

子どもたちと一緒にマリトッツォを食べたとき、子どもたちは何も言わずにこちらの食べ方をしていました。

まだ小さい子どもの場合は、そもそも上手に食べるというハードルが低いので顔中クリームだらけで食べるのが幸せなのかもしれません♪

直感で食べやすい方法だと感じたのかも・・・笑

そういえば、楽天市場でマリトッツォセットというものを発見しました♪

マリトッツォを簡単に手作りできるセットになっていて、パンとクリームが出来上がった状態で届くんですよ。

なので、マリトッツォが届いたら、解凍してパンに好きなだけクリームを挟んで食べるだけ!

子どもって自分で何かを作ることが大好きですし、おうち時間が多くなった今だからこそ楽しいおやつが食べられそうですね!

 

③冷凍して食べる

「冷凍して食べる」というのは、その名の通り凍らせた状態で食べるというものです。

マリトッツォを通販などでお取り寄せすると、ほとんどの商品が冷凍で届きます。

解凍して食べるというのが正しい食べ方かもしれませんが、冷凍した状態で食べるとアイス感覚で食べられるというのでおすすめですよ♪

冷凍されたマリトッツォなら、食べたときにクリームがはみ出してしまうということも少なそうですよね。

半解凍くらいが美味しいかも♪

しっかり解凍して食べたいという方は、こちらの記事>>マリトッツォ(カルディ)の解凍時間|おいしい食べ方についても!を参考にしてみてください♪

④包丁で切って食べる

「包丁で切って食べる」というのは、おうち限定の食べ方になってしまうかもしれませんが、とても食べやすいですよ!

単純に食べやすい大きさに切ってから食べる!!

マリトッツォに包丁を入れたときに、クリームが溢れてしまわないか心配でしたが、冷蔵庫から出してすぐ切ればある程度クリームが硬い状態なので切りやすかったです。

もちろん普通の包丁を使っても切れますが、サンコーの電動パン切り包丁を使えばストレスなく切れそうです♪


パンだけでなく、トマトやローストビーフなどの食材を切ることもできますよ。

柔らかい食材を切るのに苦戦している方にはおすすめです♪

[公式]充電式コードレス電動肉&パン切り包丁「エレクトリックナイフ」 SECSK…

スポンサーリンク

マリトッツォが食べにくいと感じる理由は?

マリトッツォと言えば、クリームたっぷりで美味しいですよね♡

ですが、マリトッツォには食べにくいという難点がありました。

SNSなどを見ても、マリトッツォが食べにくいと感じてる方が多いみたいです。

マリトッツォが食べにくいと感じているのは自分だけじゃなかったー!と一安心ですが・・・

なぜ食べにくいのかというと、クリームの柔らかさのわりにブリオッシュが固めだからではないかと思います。

ショートケーキなどのケーキは、スポンジとクリームが両方ともフワフワなので、フォークを入れてもスーッと切ることができます。

マリトッツォはフワフワのクリームのわりにパンの部分が固めだから、フォークなどで切ろうとするとクリームが飛び出してしまうという状態に!

このことから考えると、マリトッツォが冷えていてクリーム硬め状態が一番食べやすいかもしれません。

ちなみに、個人的にはマリトッツォが冷えた状態で「上のブリオッシュを外して食べる」というのが一番食べやすいように感じました。

ナイフなどの道具も必要ないですし、手も汚れませんでしたよ♪

クリームは温まると柔らかくなってしまうので、クリームがある程度硬い状態で食べた方が上手に食べられそうですね!

スポンサーリンク

マリトッツォの上手な食べ方|まとめ

以上、食べにくいマリトッツォのおすすめな食べ方についてまとめました。

今回ご紹介したのは、4つの方法です。

①上下のブリオッシュを分けて食べる
②上のブリオッシュを外して食べる
③冷凍して食べる
④包丁で切って食べる
ぜひ参考にしてみてください♪
人気商品
スポンサーリンク
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました