ハリオフィルターインコーヒーボトルの口コミ感想!メリット・デメリットについても

お役立ち情報

ハリオフィルターインコーヒーボトルの口コミ感想について紹介していきます。

アイスコーヒーを作るのって少し面倒だと感じることってありませんか?

お湯を沸かして、コーヒーを淹れて、氷で冷やす…。

忙しい朝にはもっと楽したいと思う方もいるのではないでしょうか。

そんな時に、ハリオフィルターインコーヒーボトルを使えば、美味しい水出しコーヒーが簡単に飲めるんです。

ということで、我が家でもハリオフィルターインコーヒーボトルを購入して、実際に使ってみたので口コミ感想などをまとめていきます。

記事の後半では、メリット・デメリットについてやハリオフィルターインコーヒーボトルの使い方についても画像付きでご紹介しています。

スポンサーリンク

ハリオフィルターインコーヒーボトルの口コミ感想!

我が家が購入したのはハリオフィルターインコーヒーボトルのショコラブラウンです。(画像:左)

実際に使ってみた感想を簡単にまとめると、

朝が楽になったし、アイスコーヒーが美味しくできるし、買って良かった!

です。

我が家がハリオフィルターインコーヒーボトルを購入した理由は、毎朝のアイスコーヒー作りが面倒だったから。

毎日お湯を沸かしてドリップコーヒー作って氷を入れてやっとこ飲める…。

大した作業ではないですが毎日やってたら「もっと楽にアイスコーヒー飲みたい!」って思うようになったんです。

簡単においしいアイスコーヒー飲めないかな?と思って探していたところ、ハリオフィルターインコーヒーボトルにたどり着きました。

さっそく購入して使ってみたところ、かなりイイ感じです。

デザインもシンプル&オシャレで気に入ってるよ♪

前日の夜に仕込んでおけば、朝グラスにアイスコーヒーを注ぐだけなので楽ちんです。

おすすめポイントはお手入れのしやすさ

シンプルな作りになっているので洗うのも簡単だし、食洗器対応ということも嬉しいポイントではないでしょうか。

なんと言っても、ハリオフィルターインコーヒーボトルで作ったアイスコーヒーは、ドリップコーヒーを作った後に氷を入れて作ったアイスコーヒーよりも美味しいんです。(※個人の感想です。)

一般的にも、アイスコーヒーなら水出しコーヒーの方が美味しいって言われているみたい。

忙しい朝の時間は、ハリオフィルターインコーヒーボトルを使って簡単に美味しい水出しコーヒーを楽しみましょう!

ハリオフィルターインコーヒーボトルの悪い口コミ

我が家は買って大正解でしたが、ハリオフィルターインコーヒーボトルには、悪い口コミもありました。

  • パーツが多くて洗うのが面倒
  • 冷蔵庫の扉ポケットに入らなかった

ハリオフィルターインコーヒーボトルは、5つのパーツに分解できるので細かい部分も簡単に洗えると思う反面、パーツが多くて洗うのが面倒と感じる方もいるようです。

冷蔵庫の扉ポケットに入らないというケースもあるようですが、ハリオフィルターインコーヒーボトルは横置きできるので扉ポケット以外にも収納は可能ですよ。

とはいえ、コーヒーが入ったボトルとなると、横置きするのはチョット怖いですよね。

心配な方は、冷蔵庫のサイズをしっかり確認してから購入した方がいいかもしれません。

ハリオのフィルターインボトルの良い口コミ

次に、ハリオフィルターインコーヒーボトルの良い口コミをご紹介していきますね。

  • 簡単に水出しコーヒーができる
  • 見た目がかわいい
  • サイズがちょうどいい
  • コーヒー以外に緑茶などにも使える
  • 洗いやすい
  • 横置きできる

なかには、ハリオフィルターインコーヒーボトルを2つ持っていると便利という声もありました。

水出しコーヒーを作るのには時間がかかるから、毎日飲むなら2個あってもいいかも!

悪い口コミ・良い口コミをまとめると、ハリオフィルターインコーヒーボトルをおすすめしたい人は、

  • 簡単に水出しコーヒーが飲みたい
  • パーツは多くても簡単にお手入れしたい
  • ドリップコーヒーに氷を入れてアイスコーヒーを作るのが面倒
  • シンプルなデザインが好き

という方になります。

値段もお手頃ですし、忙しい朝のお供にハリオフィルターインコーヒーボトルを使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

ハリオフィルターインコーヒーボトルのメリット・デメリット

水出しコーヒーを作るのにおすすめなハリオフィルターインコーヒーボトルですが、チョットしたデメリットもあるな~と感じたのは事実。

ということで、ハリオフィルターインコーヒーボトルのメリット・デメリットについてご紹介します。

ハリオフィルターインコーヒーボトルのデメリット

まずは、デメリットからご紹介します。

デメリットとして感じたのはただ一つ!!

下ストレーナーに直接にコーヒー豆を入れると片づける時に散らかります。

ハリオのフィルターインボトルのデメリット

(※下ストレーナー=コーヒー豆を入れるフィルター)

使い方としては正しいのですが、キッチンの流しにコーヒーのカスが散らかるのが気になると思ってしまったんですよね。

気にしすぎと言われれば気にしすぎかも。笑

ですが、コーヒー豆をだしパックなどに入れてから下ストレーナーに入れることで解決!

だしパックの水気を切ってポイっとするだけでいいので、キッチンの片付けも簡単です。

コーヒーのカスが散らかるの嫌!という場合は、だしパックやティーバックなどを使ってみてもいいかもしれません。

ハリオフィルターインコーヒーボトルのメリット

とはいえ、やはりメリットの方が大きいです。

ハリオフィルターインコーヒーボトルのメリットはこちら。

  • 朝のアイスコーヒー作りの手間がなくなった
  • ドリップコーヒーを冷やしたアイスコーヒーより美味しい
  • 食洗器で洗えるので後片付けも簡単

何といっても、朝が楽ちん!

寝坊してしまったなんて時には本当にありがたいんですよ。笑

前の日の夜などにハリオフィルターインコーヒーボトルでアイスコーヒーを作っておけば、翌朝にはアイスコーヒーは出来上がっているので慌てることもありません。

また、ハリオフィルターインコーヒーボトルで作るコーヒーはいわゆる「水出しコーヒー」で、アイスコーヒーとは作り方&味に違いがあるんです。

気になる方は、こちらの記事>>アイスコーヒーと水出しコーヒーの違いとは?味も違うって本当?を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハリオフィルターインコーヒーボトルの使い方

ここからは、ハリオフィルターインコーヒーボトルの使い方を画像付きでご紹介します。

ハリオのフィルターインボトルの外箱1 ハリオのフィルターインボトルの外箱2

外箱はこんな感じ♪

楽天市場から購入したのですが、ダンボール箱に入った状態で梱包材と共にこの箱が入っていました。

ボトルの素材はガラスですがよほどのことがない限り割れてしまう心配はなさそうです。

入っていたのは説明書とボトル一式。

バラバラにするとこんな感じです。(↑)

左から、栓・注ぎ口・ガラスボトル・上ストレーナー・下ストレーナーとなっています。

では、水出しコーヒーを作っていきましょう。

下ストレーナーに市販のコーヒー豆を55g入れます。

毎回図るのは面倒なので、コーヒー用に使うスプーンを決めました。

我が家では、決まったスプーンで約5杯~6杯入れています。

上下のストレーナーをはめ合わせたら、注ぎ口に取り付け栓を抜いた状態でガラスボトルにセットします。

上から水をゆっくりと注げば終了!

説明書では約700ml注ぐとありますが、ボトルには目印が付いているので大体どのくらいの水を入れたか分かるようになっています。

あとは冷蔵庫へ入れて約8時間待てば美味しい水出しコーヒーが完成です。

スポンサーリンク

ハリオフィルターインコーヒーボトルの口コミ感想!まとめ

最後に、ハリオフィルターインコーヒーボトルの口コミ感想についてまとめていきます。

ハリオフィルターインコーヒーボトルを実際に使ってみた感想は、前日の夜までに仕込んでおけばアイスコーヒーを作る手間がなくなるので朝が楽&お手入れ簡単!

水出しコーヒーなので、ドリップコーヒーに氷を入れて作るアイスコーヒーよりも美味しいです。

パーツが多い、冷蔵庫に入らないというマイナスな口コミもありますが、ハリオフィルターインボトルは食洗器でも洗えますし、横置きも可能です。

  • 簡単かつオシャレに水出しコーヒーを作りたい
  • ドリップコーヒーでアイスコーヒーを作ると氷で薄まって美味しくない
  • 水出しコーヒーを作るのにお手入れが簡単なアイテムが欲しい

という方は、ハリオフィルターインコーヒーボトルがピッタリです。

アイスコーヒーは水出しコーヒーに比べて酸味が強いと言われていますが、作り方の違いなどについてはこちらの記事をどうぞ(↓)

関連記事:アイスコーヒーと水出しコーヒーの違いとは?味も違うって本当?

お役立ち情報
スポンサーリンク
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました