PU-SA35の口コミ評判をレビュー!電気代やフィルター交換時期は?象印空気清浄機

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

象印空気清浄機PU-SA35の口コミ評判をレビュー 家電

象印の空気清浄機PU-SA35の口コミ評判やレビューについてご紹介します。

気になる電気代やフィルターの交換時期なども合わせてまとめました。

象印の空気清浄機PU-SA35は2022年9月上旬に発売される新機種なので、口コミ評判やレビューは確認できませんでした。

そこで、参考までに象印空気清浄機の類似品PU-HC35の口コミレビューを確認したところ、

  • シンプルかつコンパクトなのが良い
  • 音が静かで気にならない
  • 1万円前後で購入できる
  • コスパが良い

というように、1万円前後の価格でこの機能なら十分満足と評価されていました。

逆に、

  • 36時間で勝手に消えるのは面倒
  • ほこりセンサーをつけてほしかった

など、イマイチな口コミも・・・

ですが、今回発売される空気清浄機PU-SA35は「ほこりセンサー」が搭載されているので、さらに満足度の高い商品になっているのでは?と期待できそうです。

ということで、この記事では象印空気清浄機PU-SA35について、

「PU-SA35の口コミ評判レビュー!電気代、フィルター交換時期は?象印空気清浄機」

と題して紹介させていただきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

▼象印空気清浄機PU-SA35はこちら

口コミを参考にしたPU-HC35とPU-SA35の違いについては、以下の記事でご紹介しています。

>>PU-SA35とPU-HC35の違いを比較!どっちがおすすめ?

PU-SA35の口コミ評判をレビュー!象印空気清浄機

象印の空気清浄機PU-SA35の口コミ評判やレビューについては、発売され次第追記していきます。

ここからは、類似品の象印空気清浄機PU-HC35の口コミを参考にまとめていきますね。

PU-SA35の悪い口コミやデメリット

※PU-SA35の口コミ評判やレビューは発売後追記します。

象印の空気清浄機PU-HC35の悪い口コミやデメリットとして、

  • 36時間で勝手に止まってしまう
  • ボタンがひとつだから、操作が面倒

という意見がありました。

ですが、空気清浄機にしては価格が安いので、「1万円前後の価格帯ならこれくらいで満足」という意見もあります。

PU-SA35の良い口コミ

象印の空気清浄機PU-SA35の良い口コミ評判についても、発売前のため口コミを見つけることはできませんでした。

そこで、簡単ではありますが類似品の象印空気清浄機PU-HC35の口コミ評判についてまとめましたので雰囲気だけでもお伝え出来たらなと思います。

  • コンパクトだしシンプル
  • 単機能で安価
  • 音はそんなにうるさくない

このように、1万円前後だけどしっかり働いてくれるとコスパの良さを感じている方が多い印象です。

また、余計な機能がついていないから使いやすいという口コミもありました。

稼働音についても、象印空気清浄機PU-HC35よりもPU-SA35の方が静かになっているようです。

PU-SA35は、シンプルな機能で価格が抑えられる空気清浄機を探している方にピッタリですね♪

▼象印空気清浄機PU-SA35はこちら

PU-SA35の電気代は?象印空気清浄機

象印空気清浄機PU-SA35の電気代はどれくらいになるのかまとめていきます。

PU-SA35の消費電力は16Wですので、1時間あたりの電気代を計算すると…

PU-SA35:約0.43円

となります。

1日24時間稼働させた場合と、24時間×1ヶ月稼働させた場合の電気代は以下の表にまとめました。

1時間あたり約0.43円
24時間あたり約10.32円
24時間×1ヶ月(31日)約319.92円
※電力料金単価目安27円/kWhで計算

1ヶ月あたり約320円程度なので、電気代については気にせず使うことができそうですよね。

というのも、PU-SA35はDCモーターが採用されています。

DCモーターの特徴は、消費電力が少なく静音性に優れていることです。

PU-HC35よりもPU-SA35の方が電気代が抑えられるよ♪

▼象印空気清浄機PU-SA35はこちら

PU-SA35のフィルター交換時期はいつ?象印空気清浄機

象印空気清浄機PU-SA35のフィルターは、高性能集塵・脱臭一体フィルターです。

フィルターの交換時期は、約2年となっています。

ただ、使用状況によっては2年未満での交換が必要になる可能性もあります。

ちなみに、フィルターのお手入れはパネルを外して掃除機をかければOK!

汚れや臭いが気になってきたら交換しましょう。

PU-SA35のフィルターは約5,000円前後で交換できますよ!

▼象印空気清浄機PU-SA35はこちら

PU-SA35の機能や特徴!象印空気清浄機

ここからは、象印空気清浄機PU-SA35の機能や特徴についてまとめていきます。

DCモーター搭載

PU-SA35は小型のDCモーターが搭載されています。

DCモーターは、乾電池やバッテリーなどと同じく直流電源を利用するため。風量を細かく調整したり運転音も静かな上に消費電力が少ないのが特徴。

ですので、電気代や運転音が抑えられるという訳ですね!

ホコリセンサー搭載

PU-SA35は、「ホコリセンサー」が搭載されました。

ホコリセンサーは、花粉やハウスダストを検知してくれるセンサーです。

PU-HC35の口コミには、「ホコリセンサーがあればいいのに…」という意見もあったので、PU-SA35には期待が高まりますね!

PU-SA35のホコリセンサーは、足元についているので小さなお子さんがいらっしゃるお家でも重宝しそうです。

シンプルなデザイン

象印空気清浄機PU-SA35は、シンプルなデザインでインテリアに馴染みます。

操作パネルは絵で表すピクト表示のため、誰でもわかりやすいパネルになっています。

本体の大きさは、幅37cm×奥行12.5cm×高さ45.5cmと、B4用紙を横に半分に切ったような面積しか必要ありませんので、置く場所を選びません。

仕様

象印空気清浄機PU-SA35の主な仕様をまとめました。

消費電力(W)(50/60Hz):標準16 弱6 静音3

風量(m3/分)(50/60Hz):標準3.4 弱2.0 静音1.3

運転音(dB)(50/60Hz):標準44 弱29 静音19

運転コース:「標準」「弱」「静音」「おまかせ」

外形寸法:W37㎝×D12.5㎝×H45.5㎝

重さ:3.7kg

▼象印空気清浄機PU-SA35はこちら

象印空気清浄機PU-SA35の口コミ評判をレビュー!電気代やフィルター交換時期は?まとめ

以上、象印空気清浄機PU-SA35の口コミ評判やレビューと、電気代やフィルター交換時期についてまとめました。

PU-SA35は、2022年9月発売のため口コミ評判やレビューを確認することはできませんでした。

ですが、象印の類似品PU-HC35の口コミを参考にしたところ、満足度の高い空気清浄機だということが期待できます。

また、PU-SA35には旧型の象印の空気清浄機PU-HC35で指摘されていた「ほこりセンサー」がついていますし、電気代や運転音も抑えられます。

コンパクトでコスパも良い空気清浄機なので、一家に一台と言わずそれぞれの部屋に1台ずつ設置できそうですね!

▼象印空気清浄機PU-SA35はこちら

>>PU-SA35とPU-HC35の違いを比較!どっちがおすすめ?

家電
ミルクな暮らし