KC-P50とKC-N50の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ空気清浄機

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

KC-P50とKC-N50の違いを比較! 家電

シャープの空気清浄機KC-P50とKC-N50の違いを比較してご紹介していきます。

どちらがどんな人におすすめなのかについてもまとめました。

KC-P50とKC-N50の違いは1つで、

価格のみ

です。

KC-P50は2021年発売の新モデル、KC-N50は2020年発売の旧モデルとなっています。

どちらもシャープのプラズマクラスタ-7000の機能が搭載されており、機能や特徴については変わりありません。

ですので、

新型モデルが好きな方はKC-P50

予算を抑えたいという方はKC-N50

というように選ぶと良いと思います。

詳しくは本文にてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

▼新型!シャープ空気清浄機KC-P50を詳しく見てみる!

シャープ|SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000 ホワイト系 KC-P50-W [適用畳数:23畳 /最大適用畳数(加湿):14畳 /PM2.5対応]

▼旧型!シャープ空気清浄機KC-N50を詳しく見てみる!

KC-P50とKC-N50の違いを比較!シャープ空気清浄機

KC-P50とKC-N50の違いは1つ!

価格のみ

になります。

大手ECサイトで確認してみると、新型のKC-P50よりも、旧型のKC-N50の方が5000円~6000円ほどお安くなっていました。(2022年7月現在)

各ショップの最安値など、詳しくはこちらからチェックしてみてくださいね^^

▼KC-P50の価格を見てみる!

>>楽天市場をチェック

>>Amazonをチェック 

>>Yahoo!ショッピングをチェック!

▼KC-N50の価格を見てみる! 

>>楽天市場をチェック

>>Amazonをチェック 

>>Yahoo!ショッピングをチェック!

機能や見た目が同じだから新型か旧型かで選べばOK!価格が安いのは旧型のKC-N50だよ♪

▼シャープ空気清浄機KC-P50を詳しく見てみる!

シャープ|SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000 ホワイト系 KC-P50-W [適用畳数:23畳 /最大適用畳数(加湿):14畳 /PM2.5対応]

▼シャープ空気清浄機KC-N50を詳しく見てみる!

KC-P50とKC-N50はどっちがおすすめ?

KC-P50とKC-N50の違いは「価格のみ」ということで、どちらがどんな人におすすめなのかまとめました。

KC-P50はこんな人におすすめ

  • 新型モデルが好きな方

機能やデザイン面は、KC-P50とKC-N50共に変わらないのでKC-P50は新型モデルが好きな方におすすめです。

KC-N50はこんな人におすすめ

  • 価格を少しでも抑えたい方
  • 新モデルには拘らない方

KC-N50は、少しでも価格をおさえたい!

という方におすすめです。

KC-P50とKC-N50の価格を比べると、旧型のKC-N50の方が5000円~6000円ほどお得になっていますよ。(2022年7月現在)

結果的に、

  • 新型モデルにこだわりたい:KC-P50
  • 価格が安い方がいい:KC-N50

というように、空気清浄機としての機能や特徴に変わりはないので、価格で選んでしまって良いと思います。

▼シャープ空気清浄機KC-P50を詳しく見てみる!

シャープ|SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000 ホワイト系 KC-P50-W [適用畳数:23畳 /最大適用畳数(加湿):14畳 /PM2.5対応]

▼シャープ空気清浄機KC-N50を詳しく見てみる!

KC-P50とKC-N50の共通の機能や特徴 シャープ空気清浄機

ここからは、シャープの空気清浄機KC-P50とKC-N50の共通の機能や特徴についてご紹介していきます。

シャープ独自の技術プラズマクラスター7000を搭載

KC-P50とKC-N50は、どちらもシャープ独自の技術プラズマクラスターにより、ウイルスや菌の表面の細胞膜のたんぱく質を切断して分解除去。

それにより、タバコなどの嫌なニオイ成分も気にならないレベルまで消臭できます。

また、衣類に付着した汗臭、部屋干しした衣類の生乾き臭もスポット消臭してくれるので、梅雨時のジメジメも快適に、夏場は汗の嫌なニオイも抑えてくれます。

静電気除去により、花粉などの微小な粒子の付着も抑制してくれますし、冬に嫌な洋服との摩擦も減らしてくれます。

3つのフィルターでしっかり集じん

KC-P50とKC-N50は、

  • ホコリブロックプレフィルター
  • ダブル脱臭フィルター
  • 静電HEPAフィルター

の3つのフィルターでしっかりと脱臭、集じんしてくれます。

それぞれのフィルターの特徴はこちら!

【静電HEPAフィルター】

高性能フィルターにより、花粉やPM2.5をはじめとする汚染物質に効果を発揮してくれます。

【ダブル脱臭フィルター】

タバコやペットの気になるニオイを、活性炭に吸着剤を加えることによりしっかりキャッチしてくれます。

【ホコリブロックプレフィルター】

内部に侵入するホコリを大幅に低減!集じん性能の低下を押さえます。

ダブル脱臭フィルターと静電HEPAフィルターは、共に10年間の交換が不要!

さらに、ホコリブロックプレフィルターは交換不要となっています。

使用状況にもよりますが、こまめにお手入れをしながら使っていけば長く使い続けることができそうですね!

Ag⁺イオンカートリッジでキレイな水で加湿

KC-P50とKC-N50それぞれのタンクのキャップには、簡単に装着できるAg⁺イオンカートリッジが付いています。

トレーやタンクのぬめり、嫌なニオイの原因となる水中の菌を抑制してくれます。

1年に1回の交換でキレイが続くので、簡単で嬉しいですね。

Ag⁺イオンカートリッジは、楽天市場など通販で購入することができますよ!

手軽に注文できるから簡単に交換できるね♪

電気代もお得

気になる電気代ですが、KC-P50とKC-N50共に電気代もお安くなっています。

それぞれの1時間あたりの電気代をまとめたので参考にしてみてください。

空気清浄加湿空気清浄
約1.46円約0.54円
約0.35円約0.30円
約0.88円約0.10円

冬の乾燥する季節に最大500ml加湿した場合の電気代は、約13円とのこと!

この時の運転モードは、「強」となっています。

また、静音運転時に一日中加湿した場合の電気代は約2.4円!

24時間パワフルに使い続けても電気代を気にする必要はなさそうです。

電気代を気にしなくちゃ…というストレスが少ないのは嬉しい!

お手入れも簡単

KC-P50とKC-N50は、どちらも分解してお手入れすることができます。

お手入れ方法についてはこちらを参考にしてみてください。

【本体部分】

本体部分の水洗いはできませんが、汚れが気になった場合は、水やぬるま湯を含ませた布で拭いてお手入れすることができます。

【フィルター部分】

フィルターお手入れランプが点灯したら差し込みプラグを抜き、センサー部分、後ろパネルのほこりを、掃除機で吸い取ります。

集じんフィルター、脱臭フィルター部分は新聞紙などを敷いた後に、掃除機で軽く吸い取ります。

※ホコリブロックプレフィルターは交換不要

※ダブル脱臭フィルター・静電HEPAフィルターは約10年間交換不要

【タンク部分】

タンクを取り出し、タンクに少量の水を入れて振り洗いします。

トレーを外したら加湿フィルター、トレーを水洗いします。

それぞれしっかりとお手入れできるので、清潔に保つことができますね。

▼シャープ空気清浄機KC-P50を詳しく見てみる!

シャープ|SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000 ホワイト系 KC-P50-W [適用畳数:23畳 /最大適用畳数(加湿):14畳 /PM2.5対応]

▼シャープ空気清浄機KC-N50を詳しく見てみる!

KC-P50とKC-N50の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

以上、シャープの加湿空気清浄機KC-P50とKC-N50の違いについて、まとめてみました。

KC-P50とKC-N50の違いは1つで、帯価格帯のみということがわかりました。

どちらも機能面やお手入れ方法は同じで、お部屋の空気をしっかりキレイにしてくれるうえに、加湿機能も付いています。

フィルターのお掃除も簡単にできるので、衛生面も安心。

すっきりとした見た目で色も白、お部屋のインテリアの邪魔にもなりません。

ということで、

  • 新型モデルが好きな方はKC-P50
  • 少しでも価格を抑えたいという方はKC-N50

というように選んでみてくださいね^^

▼シャープ空気清浄機KC-P50を詳しく見てみる!

シャープ|SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000 ホワイト系 KC-P50-W [適用畳数:23畳 /最大適用畳数(加湿):14畳 /PM2.5対応]

▼シャープ空気清浄機KC-N50を詳しく見てみる!

家電
ミルクな暮らし