HV-R75とHV-R55の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ加湿器

HV-R75とHV-R55の違いを比較 家電

プラズマクラスター7000搭載のシャープ加湿器HV-R75とHV-R55の違いを比較していきます。

加湿器としては業界NO.1の人気を誇るシャープの加湿器プラズマクラスター。

HV-R75とHV-R55の違いは、以下の4つがあります。

  • 加湿床面積
  • 電気代
  • 連続加湿時間 
  • 運転音

どちらもパワフルで優秀なハイブリット式の加湿器ということは変わりありません。

大きな違いとしては、加湿できる床面積と電気代の差で、使う人にとっての判断基準になりそうです。

どちらがどんな人におすすめなのか簡単にまとめると、以下のようになります。

HV-R75は、より広範囲をしっかりと加湿したい人

HV-R55は、広めの空間を加湿しつつも電気代を抑えたい人

詳しくは本文にてご紹介していきますね!

この記事では、HV-R75とHV-R55の違いに加えて、それぞれの共通点や特徴などについてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください^^

▼より広範囲をパワフルに加湿してくれる!シャープ加湿器HV-R75はこちら

>>HV-R75の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼電気代が抑えられる!シャープ加湿器HV-R55はこちら

>>HV-R55の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

HV-R75とHV-R55の違いを比較!シャープ加湿器

シャープ加湿器HV-R75とHV-R55の違いは、4つあります。

  • 加湿床面積
  • 電気代
  • 連続加湿時間 
  • 運転音

一つずつみていきましょう!

加湿床面積

HV-R75とHV-R55の加湿床面積比較

1つめは加湿床面積の違いです。

HV-R75は洋室21畳(和室12.5畳)に比べて、HV-R55は洋室15畳(和室9畳)と、加湿範囲に差があります。

ですので、より広い広範囲のお部屋を加湿したい場合は、HV-R75の方が向いているということですね!

とはいえ、HV-R55の加湿床面積も洋室15畳と十分な広さではあります。

実際に使う部屋の広さによって、どちらを選ぶかの目安にしやすいですね。

電気代

HV-R75とHV-R55の電気代の違い

2つめは電気代の違いです。

HV-R75とHV-R55をそれぞれ「強」で使った場合と、「エコ強」で使った場合を比較すると、1時間あたりの消費電力に差があります。

【HV-R75の消費電力】

  • 強モード:335W
  • エコ強モード:34W
  • 静音モード:12W

【HV-R55の消費電力】

  • 強モード:190W
  • エコ強モード:24W
  • 静音モード:12W

上記の消費電力から、1時間あたりの電気代を計算すると、以下になります。

HV-R75HV-R55
強モード約9円約5円
エコ強モード約0.9円約0.6円
静音モード約0.3円約0.3円
※電力料金単価目安27円/kWhで計算

それぞれエコ強モードで1日8時間×1ヶ月使った場合の電気代はこちら↓

HV-R75:約216円

HV-R55:約144円

HV-R75HV-R55の電気代の差は約72円だよ!

1ヶ月毎日使ったとしてもそこまで気になる電気代ではないかもしれませんが、ランニングコストを少しでも抑えたいという方は、HV-R55の方がお得になりそうですね^^

連続加湿時間

HV-R75とHV-R55の連続加湿時間を比較

3つめは連続加湿時間の違いです。

HV-R75は加湿量が750ml/hで5.3時間(強モードの場合)の持続性に対して、

HV-R55は加湿量550ml/hで7.2時間(強モードの場合)となっています。

HV-R75の方が広範囲を加湿するため、水の消費が早い分、連続加湿時間も少し短いことがわかりますね。

よりパワフルに素早く加湿したい場合は、HV-R75の方が向いていそうだね♪

とはいえ、静音モードはどちらも変わらず19時間の持続性があるので、連続して長く使い続けたい場合は、静音モードを使うと良さそうです。

運転音

HV-R75とHV-R55の運転音の違い

4つめは運転音の違いです。

HV-R75は、【強モードで41db/静モードで23db】となっているのに対して、

HV-R55は、【強モードで37db/静モードで23db】となっています。

強モードで使うと、HV-R75の運転音の方が気になるかもしれません。

とはいえ、静音モードだとどちらも変わりありません。

静音モードの23dBは、聴覚的な感じ方でいうと「ささやき声〜小さな声」といった「静か」というカテゴリーに分けられるレベルです。

ですので、運転音に関しては、気になるほどの大きさを感じることはないと予想できます。

▼より広範囲をパワフルに加湿してくれる!シャープ加湿器HV-R75はこちら

>>HV-R75の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼電気代が抑えられる!シャープ加湿器HV-R55はこちら

>>HV-R55の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

HV-R75とHV-R55はどっちがおすすめ?

HV-R75とHV-R55の違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかまとめていきますね!

実際に使う部屋の広さによっておすすめしたいタイプが変わるよ~♪

HV-R75はこんな人におすすめ

シャープ加湿器HV-R75は、より広範囲を加湿することができます。

洋室で21畳(和室12.5畳)と、かなり広いお部屋をしっかりと加湿ができるので、お家のリビングがとても広かったり天井が高かったりする様な人におすすめ。

会社のフロアなどでも使い勝手が良さそうですね。

▼より広範囲をパワフルに加湿してくれる!シャープ加湿器HV-R75はこちら

>>HV-R75の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

HV-R55はこんな人におすすめ

シャープ加湿器HV-R55は、やや広範囲を集中的に加湿しつつ、電気代も控えめにしたい人におすすめです。

HV-R55は、HV-R75には劣りますが洋室15畳(和室9畳)という十分な広さの空間に適応しています。

電気代も、強モードで1時間あたり約5円程度なので、長時間加湿しても電気代の心配が少なく済むのが嬉しいですね。

▼電気代が抑えられる!シャープ加湿器HV-R55はこちら

>>HV-R55の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

HV-R75とHV-R55の共通の機能や特徴

ここからは、シャープ加湿器HV-R75とHV-R55の共通点や特徴を紹介していきます。

HV-R75とHV-R55は、4つの違い以外は全く同じ作りになっているので、3つのカテゴリーにわけて解説していきますね。

どっちも給水

シャープ加湿器HV-R75とHV-R55は、共に上部からもトレーからも給水できる便利などっちも給水です。

トレーが半透明になっているので、どれくらいの水が入っているのかを開けずに確認できるところも嬉しいポイントですよ♪

ちなみに、上部から給水する際にはランプで水位を表示してくれるので、残りの水位もひとめでわかります。

満水になるとブザーでお知らせしてくれるから、水の入れすぎを防ぐことができます。

ですので、「あとどれくらいかなー?」と、水位を気にしながら給水をしなくてOK!

ブザーでお知らせしてくれるまでどんどん給水できるので、失敗が少なくて良いですね。

清潔設計

シャープ加湿器HV-R75とHV-R55は、どちらも衛生面を保ちやすい清潔設計になっています。

清潔ポイントは以下の4つ!

  1. 操作をするボタンなどの操作面は全て抗菌加工がされているので衛生的です。
  2. 専用のAg+イオンカートリッジ(別売り)を使用しているので、ニオイやヌメリを抑えてくれて清潔に使えます。
  3. お手入れが簡単なので、キレイを保つことができます。
  4. フィルター乾燥機能付きで、オフシーズンにも清潔に保管できます。

専用のAg+カートリッジは、1年に1度の交換で良いのでランニングコストも安心。

お手入れに関しては、外せるパーツ(吹き出し口、給水口、給水カバー、給水トレー、カートリッジ)全て外して丸洗いできますよ。

さらに、給水口からトレーを外したトレー口まで貫通しているので、タオルを通してゴシゴシと拭き取ることができます。

加湿器で一番気になる衛生面ですが、内側まで簡単にメンテナンスしやすい対策が施されているので、安心して使うことができますね^^

使いやすい

シャープ加湿器HV-R75とHV-R55は、どちらもA4サイズほどのコンパクトでスリムな設計なので、設置場所を選びません。

カラー展開は、プレミアムホワイトとモイストブルー。

とても落ち着く淡い色味なので、インテリアに馴染みそうですね^^

他にも、温度と湿度を計測してくれるセンサーで自動的に快適さを保ってくれる機能や、チャイルドロックも搭載されていて安全に使えます。

シンプルかつ、必要な機能がわかりやすく搭載されているため、使いやすくて便利ですね。

▼より広範囲をパワフルに加湿してくれる!シャープ加湿器HV-R75はこちら

>>HV-R75の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼電気代が抑えられる!シャープ加湿器HV-R55はこちら

>>HV-R55の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

シャープ加湿器HV-R75とHV-R55の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

以上、シャープ加湿器HV-R75とHV-R55の違いを比較してまとめました。

HV-R75とHV-R55の違いは、以下の4つでしたね!

  • 加湿床面積
  • 電気代
  • 連続加湿時間 
  • 運転音

どちらもハイブリット式の加湿器で、シャープ独自の技術である「プラズマクラスター7000」が搭載されています。

4つの違いや共通する3つの特徴に加えて、どんな人におすすめかというのも用途別に紹介しました。

HV-R75は、より広範囲をしっかりと加湿したい人

HV-R55は、広めの空間を加湿しつつも電気代を抑えたい人

今後の購入をお考えの方に役立てていただけると幸いです^^

▼より広範囲をパワフルに加湿してくれる!シャープ加湿器HV-R75はこちら

>>HV-R75の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼電気代が抑えられる!シャープ加湿器HV-R55はこちら

>>HV-R55の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

家電
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました