【崖の上のポニョ】宗介のお母さん「リサ」からから学んだ子育て

こんにちは、ミルクです。

子供に大人気の「崖の上のポニョ」観たことありますか?

私は一番最初に見た時、???という感じで難しく感じました。

ですが、子供たちはポニョ大好き!

一緒に観ているうちに、そうすけのお母さん「リサ」の子供に対する接し方がとても素敵だと思うようになったので、私が思う「リサ」の魅力を紹介します。

スポンサーリンク

崖の上のポニョのあらすじ

崖の上のポニョは、スタジオジブリ制作の長編アニメーションで、宮崎駿さんが監督が監督を務めました。

さかなの子「ポニョ」と5歳の少年「宗介」の物語です。

ある日、ポニョはジャムの瓶から抜けなくなってしまっていたところを宗介に助けてもらい宗介のことが好きになります。

宗介もポニョが好きになりますが、かつて人間だったポニョのお父さん「フジモト」に海に連れ戻されてしまいます。

人間になりたい!と願うポニョは、フジモトが蓄えていた「命の水」の力で嵐を巻き起こしながら宗介のいる人間の世界へ!

宗介は嵐の中から姿を現した人間の姿をしているポニョに気づき、再会を喜びます。

一方フジモトは、このままでは世界が破滅する、「ポニョが世界に大穴をあけた」と大慌てします。

ポニョのお母さんは、ポニョを人間してしまおうと提案しますが、ポニョを人間にするためには宗介の揺るぎない気持ちが条件でした。

失敗すればポニョは泡になってしまうというのです。

そして、ポニョのお母さんは宗介の揺るぎない気持ちを確かめて、ポニョに人間になる魔法をかけ、ポニョは5歳の女の子になりました。

スポンサーリンク

宗介のお母さん「リサ」

リサは、25歳。宗介を育てながら老人ホーム「ひまわりの家」で働くお母さんです。

旦那さんである耕一(こういち)は漁師で、なかなか家へ帰ってこない様子。

物語の中で、耕一の帰りを楽しみにしていたのに、帰れなくなったという連絡でプンプンしている姿がかわいらしいですね。

「リサ・カー」と呼ばれる軽自動車で海沿いの街を駆け抜けます。

スポンサーリンク

リサから学んだこと

私がリサから学んだ子育て論。

それは、自分の子供を信じるという事。

宗介はまだ5歳。できることも沢山あるけど、危なっかしいことだって多い年頃ですよね。

だけど、物語の中でリサは、宗介のことを信じているんだな。と思う場面があります。

まず、嵐の中、リサ・カーに乗って自分の家へ帰るシーン。

途中で、宗介が海に女の子がいた!と言います。

普通だったらそんなことあるわけない!と無視してしまいそうなところですが、リサは宗介を信じて車を停めて確かめます。

他にも、リサが家から老人ホームへ行くといったシーン。

普通だったら、子供を置いて出かけられるわけがありません!

アニメだから、と言われればそうなのかもしれませんが、リサは宗介に嵐の中でこの家が唯一の光になるからと、宗介とポニョに家を任せて職場へ向かいます。

宗介のことを信じ、宗介なら大丈夫!と思ってとった行動なのかな。と感じました。

他にも、リサの細かいことは気にしていない感じとかいいですよね。

そして宗介のことを大切にしているんだな。と感じる場面が多くありました。

スポンサーリンク

まとめ

子供のいう事だから…とか、きっとできないだろう…と、先回りして危険を回避してしまう。

私はついつい危ないから、とか大人がやった方が上手に出来ると思って手を出しすぎてしまうことがよくあります。

そうではなくて、まずは子供を信じて何でもやらせてみる。

手を出さずに見守る。

そのあとはしっかりフォローする。

そんなことを「崖の上のポニョ」のリサから学びました。

エンタメ
スポンサーリンク
ミルクをフォローする
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました