生ジョッキ缶の仕組みを調査!普通の缶ビールとの違いは?

生ジョッキ缶の仕組みを調査!普通の缶ビールとの違いは? 気になること

今話題沸騰中の生ジョッキ缶の仕組みについて紹介していこうと思います。

発売されるなり爆発的に売れてしまって製造が追いつかないと出荷を一時停止してしまうほど大人気ですよね。

そこまで人気な理由はどこにあるのか?

普通の缶ビールとの違いは何なのか?

生ジョッキ缶はどんな仕組みになっているのか気になります。

この記事では、生ジョッキ缶の仕組みや、口コミなどをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

生ジョッキ缶の仕組みは?

大注目の生ジョッキ缶ですが、その仕組みついてまとめてみました。

生ジョッキ缶の見た目はぱっと見ても普通の缶ビールとほとんど変わりません。

一番の違いは、缶を開ける部分ですね。

生ジョッキ缶は、飲み口のフタの部分が全開するんです。

そして、生ジョッキ缶を開けると中からビールの泡が自然と出てきて、缶ビールでは味わえない生ジョッキで飲んでいるような感覚でビールが楽しめるというもの。

開けた缶のふちで皮膚などが切れないように工夫されているので安心して生ジョッキ缶のままビールを飲むことができます。

これがめちゃくちゃ美味しくて大人気なんですよね。

ところが、中身は普通のアサヒスーパードライなんです。

では、フタを開けただけでどうしてそこまで泡立つのかですが、一番のポイントは、

生ジョッキ缶の内面に特殊な加工がしてある
ということ。

生ジョッキ缶の内面にはデコボコになる特殊塗料がコーティングされているんだとか。

この特殊塗料のコーティングによって、缶を開けたときにビールの泡が自然と出てくるんです。

しかも、生ジョッキ缶にビールが入っている限り泡がで続けるとのこと。

飲み終わるまで泡が出ている状態なんて普通のグラスでもなかなか味わえないのではないでしょうか。

SNSでは生ジョッキ缶を開けたときの動画を投稿している方もいらっしゃいました!

泡がモコモコ出てきてスゴイです。

確かに普通のグラスではなかなか体感できなそうな勢いですね。

泡立ちが良すぎて開けた直後は溢れてしまうことが多いそうですよ。

ビール好きにはたまらない泡立ち♪

スポンサーリンク

生ジョッキ缶と普通の缶ビールの違いは?

生ジョッキ缶と普通の缶ビールの違いはズバリ、

泡のきめ細かさ!!
です。

 

先ほどもお伝えした通り、生ジョッキ缶は缶の内面に特殊塗料でコーティングしてあるのですが、普通の缶ビールの缶の内面はツルツル。

なので、生ジョッキ缶と普通の缶ビールを飲み比べると生ジョッキ缶の方が圧倒的に泡がきめ細かくて美味しいそうです。

ちなみに、普通の缶ビールをグラスに上手に注いで泡を出現させても段々と泡が少なくなっていきますよね。

ところが、生ジョッキ缶は内面の加工によってビールが入っている限り泡が出てくるそうなので最後まで美味しいビールが楽しめるようです。

生ジョッキ缶が人気だという理由が分かりますね!

生ジョッキ缶ですが、すごい人気で一時的に出荷停止状態となっているようです。

気になる再販時期ですが、こちらの生ジョッキ缶の再販について|通販情報や販売店舗について調べてみた!という記事にまとめたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生ジョッキ缶の口コミや評判

かなりの人気で手に入らないという声が多い中、すでに多くの方が生ジョッキ缶を楽しんでいるようですね。

中には、思ったよりも泡立ちが少ないと感じる方もいるようでした。

また、味はアサヒスーパードライだから好みではないという声も。

ですが、生ジョッキ缶に対して感動の声が多かったので気になる方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

生ジョッキ缶の仕組みを調査!まとめ

以上、生ジョッキ缶の仕組みについてでした。

生ジョッキ缶は、缶の内面に特殊塗料がコーティングしてありデコボコの構造になっています。

そのため、缶のフタを開けると自然と泡が出現し最後までモコモコの泡と共にビールを楽しめるようになっています。

すでに生ジョッキ缶でビールを飲んだ方からは、泡立ちがよくて美味しいという声が聞かれました。

逆に、思ったよりも泡が立たないという残念な意見も見られました。

泡立ちによってビールが美味しく感じるとはいえ、味はアサヒスーパードライなので好みでないという方にとってはそこまで評価されていないようです。

とにかくビールが大好きという方にとっては、生ジョッキ缶はよりビールを楽しめるアイテムになりそうですね。

気になること
スポンサーリンク
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました