小林雄二の【青華こばやし】場所や営業時間は?お店の評判を調査!10月12日ごはんジャパン

10月12日に放送される「ごはんジャパン」では大間のマグロが特集されます。

大間のマグロを求め、俳優の宇梶剛士さんと和食の匠・小林雄二さんが青森県へ。

そこでマグロ料理を披露するのが、「青華こばやし」主人・小林雄二さんです。

ミシュランの常連店としても知られる青華こばやしはどんなお店なのか気になりますよね!

この記事では、小林雄二さんのお店・「青華こばやし」の場所や営業時間・お店の評判などについてまとめました。

スポンサーリンク

青華こばやしの場所や営業時間は?

  • 青華こばやし
  • 住所 〒160-0007東京都新宿区荒木町10-17 1F
  • TEL 03-6380-0978 
  • 営業時間 12:00~21:30 昼夜とも完全予約制
  • アクセス 丸ノ内線四ツ谷三丁目駅 都営新宿線曙橋駅 徒歩5分

青華こばやしのホームページはこちら

「青華こばやし」とは?

青華こばやしは東京都新宿区にある日本料理のお店です。

料理は全てお任せコースで、その日仕入れた食材をベストな状態で美味しく調理してくれるそうです。

1年を通して食材は固定されていて「美味しいものは限られている」というのが理由なんだとか。

素材の味を活かした調理法で提供されるとのことです。

お店は完全予約制で、お昼の席と夜の席で分かれています。

お昼の席はカウンター・個室ともに1組限定で、子連れでの利用も可能なんだとか。

夜の席はカウンター2組・個室1組の3組限定なんだそうです。

青華こばやしでは器にもこだわっていて、和の美意識を表現しているそうです。

店名にもなっている「青華」とは、染付の陶磁器のことなんだとか。

器も食材も一流にこだわり、選び抜かれたものを使っているんですね!

ミシュランの常連店ということもあり、高級感あふれる日本料理を味わえるお店なんだそうです。

小林雄二シェフの経歴は?

小林雄二(こばやし ゆうじ)さんの経歴を紹介します。

茨城県出身1976年生まれ。

高校卒業後、調理師専門学校へ。

銀座の割烹では20代前半からカウンターに立ち腕を振るったそう。

専門学校時代から器の魅力に目覚め、24歳で器のコレクションも本格化したそうです。

2009年に六本木に青華こばやしをオープン。

この後2016年2月に荒木町へ移転しました。

スポンサーリンク

青華こばやしの予算はどれくらい?

お昼のコース料理

18,000円~32,000円(税別)

ランチでこのお値段というのは経験したことがありません!www

どんな素敵なお料理が出てくるのでしょうか♡

1度行ってみたいですね!!

夜のコース料理

23,000円(税別)~32,000円(税別)のコース料理があるようです。

選び抜かれた食材で高級感あふれるおいしいお料理が食べられるのが想像できますね!

きっと今まで食べたことのないような味が楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

青華こばやしの評判は?

青華こばやしの評判はとても良いようです。

素材の味を活かした絶品料理と、その料理に合わせて使われる器がとても好評な様子。

1年通して固定されているという食材を求め、その食材が旬の季節によって訪れるお客さんもいるんだとか。

特に冬に提供されるフグを目当てに訪れる方も多いそうですよ!

スポンサーリンク

青華こばやしの極上おせち

青華こばやしでは数量50台限定のおせちもあるそうです。

  • 2段 55,000円(税別)
  • 3段 68,000円(税別)
  • 3段特別おせち 12万円(税別)

おせちで12万円とはそれはそれは素晴らしい商品なのでしょう!!

高級おせちで新年を迎えるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

青華こばやしの場所や営業時間・お店の評判まとめ

青華こばやしは東京都新宿区にある日本料理店です。

主人は和食の匠・小林雄二さん。

完全予約制で、お昼は1日一組・夜は1日三組となっているそうです。

食材にこだわったお料理は、素材の味が活かされた素晴らしい料理なんだそう。

器にもこだわっていて、お料理に合わせた器で提供されるんだとか。

1度は行ってみたい憧れのお店ですね!

エンタメ 人気グルメ
スポンサーリンク
ミルクをフォローする
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました