金澤翔子の作品購入方法や価格は?2019年の個展や美術館は?

9月20日の金スマにダウン症書家の金澤翔子さんが登場します。

金澤翔子さんといえば、ダウン症というハンディキャップがありながらも迫力ある作品(書)を世の中に贈りだしています。

日本だけでなく世界でも活躍している金澤翔子さん。

この記事では、金澤翔子さんの作品の購入方法や価格、2019年の個展や美術館の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

金澤翔子のプロフィール

氏名 金澤翔子(かなざわ しょうこ)

生年月日 1985年6月12日

出身地 東京都

職業 書家

 

金澤翔子さんは新生児期にダウン症と診断されました。

ダウン症とは、染色体異常による先天性疾患で、日本では1年間に約1100人生まれていると言われています。

特徴がある顔立ちで、運動や知能、言葉、社交性などゆっくり成長していきます。

しっかり理解し、丁寧に対応すればその子の能力を引き出すことができるそうです。

金澤翔子さんは、5歳の頃から書道を始め、1995年に全日本学生書道連盟展に初出品し、それ以降も数々の賞を受賞しています。

2004年に書家としての号「小蘭」を取得し、2005年には最初の個展を主催したり、金澤翔子美術館を開設しました。

建仁寺には「風神雷神」を奉納し、大きな反響を呼んでいます。

毎年のように個展も開催し、人々を魅了しています。

スポンサーリンク

金澤翔子の代表作は?

金澤翔子さんといえば「風神 雷神」が有名です。

京都の建仁寺にて本物を見ることができます。

最近まで銀座で見ることができたようです。

 


年号が「令和」に替わるときも金澤翔子さんが書いた「令和」の文字が出ていたんですね。

力強い作品の数々をぜひ近くで見てみたいです。

スポンサーリンク

作品の購入方法・価格は?

金澤翔子さんの作品が欲しい!

という人はどこで購入すればよいのでしょうか。

購入方法の一つとしては、金澤翔子さんのホームページから書の制作や購入についての問い合わせができます。

また、「日経アート(日本経済新聞社グループの美術品販売サイト)」で金澤翔子さんの「共に生きる」の書が購入できます。

価格は37,8000円(消費税8%)!!

 

また、金澤翔子さんの作品集もあるのでぜひチェックしてみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 魂の書 金澤翔子作品集 /金澤翔子【書】,金澤泰子【文】 【中古】afb
価格:1264円(税込、送料別) (2019/9/18時点)

楽天で購入

 

 

 

スポンサーリンク

2019年の個展は?

近い所で、10月2日(水)~10月20日(日)まで山口県で金澤翔子展が開催されるようです。

詳しくは金澤翔子さんのホームページをチェックしてみてください。

ホームページはこちら

イベントスケジュールがたくさんでとても忙しそうです!

近くで個展やる!なんてことがあったらぜひ行ってみたいです。

スポンサーリンク

金澤翔子の美術館は?

  • 金澤翔子美術館
  • 開館時間 午前10時~午後4時
  • 休館日  毎週水曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月28日~1月1日)
  • 観覧料  個人800円 団体(一人につき/20名以上から)600円 小学生未満無料
  • アクセス

福島県いわき市遠野町根岸字横道71番地
TEL:0246-89-2766

 

  • 銀座金澤翔子美術館
  • 開館時間 午前11時~午後7時
  • 休館日  日曜・月曜・祝日
  • 観覧料  一般500円 小学生300円 小学生未満無料
  • アクセス

東京都中央区銀座2-16-12 銀座大塚ビルB1

TEL 03-3248-3405

 

  • 金澤翔子美術館 修善寺
  • 開館時間 午前11時~午後3時
  • 休館日  木曜
  • 観覧料  一般600円 小学生300円 小学生未満無料
  • アクセス

静岡県伊豆市修善寺970 新井旅館「山陽荘」

TEL 0558-73-2900

スポンサーリンク

金澤翔子の作品購入方法 まとめ

金澤翔子さんの作品はどれも力強く、どんどん引き込まれていくような素晴らしいものばかりです。

金澤翔子さんの作品を購入するには、ホームページにて問い合わせるか、取り扱っているサイトで注文するといいと思います。

作品集もあるのでぜひチェックしてみてください。

個展や美術館もあるので、間近で見ることができたらさらに躍動感を感じることができるのではないでしょうか。

ぜひ足を運んでその迫力を感じてみたいですね。

 

エンタメ
スポンサーリンク
ミルクをフォローする
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました