カナダオオヤマネコを飼うには?日本でも飼育できる?

ペット

カナダオオヤマネコをご存知ですか?

ネコ科オオヤマネコ属のとっても大きい猫です。

日本にいる普通の猫とは少し違っていて、まるで虎のような貫禄があります。

顔は猫なんだけど、ミミがピン!となっていて毛がモフモフ♡

とってもキュートなんですよね。

そんなカナダオオヤマネコって日本で飼うことが出来るのでしょうか?

この記事では、カナダオオヤマネコを日本で飼う方法などについてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

カナダオオヤマネコを飼うには?

※画像はイメージです

カナダオオヤマネコを飼うには厳しい基準があるんだそう。

オオヤマネコを飼うためには「動物愛護管理法」というのがあり、危険な動物を飼育するための規制をクリアしなければなりません。

オオヤマネコは国が危険と定めた「特定動物」に入るのでカナダオオヤマネコを飼うにも厳しい基準をクリアしなければ飼育できないのです。

その基準というのは普通の家庭ではちょっとクリアできなそうな厳しいものになっています。

スポンサーリンク

日本でも飼育できる?

日本でも飼育することは可能です!

ですが、ペットとして飼うことはチョット厳しいようです。

先ほどもお話た通り、オオヤマネコを飼うには厳しい基準をクリアする必要があります。

その基準というのは、簡単に言うと動物園のような環境が整っていると言いうこと。

そうなると、家庭で簡単にペットとして飼うことは難しそうですね。

ロシアではカナダオオヤマネコを飼っているご家庭があるそうなので人間と共存することは可能だと思うのですが、残念ながら日本で一緒に暮らすことは法律上厳しそうです。

スポンサーリンク

カナダオオヤマネコってどんな猫?

※画像はイメージです

カナダオオヤマネコはネコ科オオヤマネコ属に分類される猫です。

耳の先端に黒い毛がありピンと立っているのが特徴的です。

顔は猫というか虎のような勇ましい感じで、体はあまりしなやかさを感じません。(写真でしか見たことありませんが・・・)

だけど、体中モフモフの毛で覆われていて思わず触りたくなるような可愛らしさ♡

猫好きさんなら一度は見てみたい!と思うのではないでしょうか。

体長

カナダオオヤマネコの体長は60cm~110cmほどです。

これでもオオヤマネコの中ではやや小型なんだそう。

110cmと言えば4歳~5歳くらいの子供と同じですよね。

かなりの存在感です。

体重

体重は、7kg~17kgほどなんだとか。

我が家の飼い猫は普通の雑種で約4kgほどです。

猫としては標準的な体重ですがカナダオオヤマネコはそれの倍以上となると抱っこするのは大変そうですね。

けど、あのモフモフな感じ・・・触ってみたい♡

生息地や生態

カナダオオヤマネコの生息地は、アメリカの北部からアラスカの針葉樹林だそうです。

寒い気候が好きなようで他のオオヤマネコと比べると被毛が厚いんだとか。

あのモフモフ感は寒いところで生き抜くためのものだったんですね。

足も大きくて、雪の上を歩くのに適していそう。

群れなどはつくらず広い縄張りをもつそうで、単独で生活するんだとか。

木登りや泳ぐこともできるそうです。

スポンサーリンク

カナダオオヤマネコを飼うには?日本でも飼育できる?まとめ

ここ数年、猫ブームが続いていて、これから猫を飼いたい!という方も多いのではないでしょうか。

ですが、残念ながら日本の一般的な家庭でカナダオオヤマネコを飼育することは難しそうです。

日本でオオヤマネコを飼育している動物園は少なそうなのでその姿を見ることが出来たらかなり貴重な体験になりそうですね。

ペット
スポンサーリンク
ミルクをフォローする
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました