ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判をレビュー!組み立て方は簡単?

ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判をレビュー 猫グッズ

ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判をレビューしていきます。

キャットポールの組み立ては簡単なのかについてもまとめました。

ボンビアルコンキャットポールは、口コミ評価が高く、飼い主さんも猫も満足度の高い商品となっています。

口コミ評判やレビューには、

  • 省スペースで設置できる
  • デザインが良い
  • 愛猫も大喜び

など良い口コミが多くあげられていました。

逆に、悪い口コミとしては、

  • 棚板が滑りやすい
  • 棚板がやや狭い気がする
  • 固定が緩んでくる

という意見もありました。

ですが、悪い口コミ数は少なく圧倒的に良い口コミが多い印象です。

ボンビアルゴンのキャットポールは、インテリアとしてもおしゃれなキャットタワーですし、愛猫が遊ぶ姿を見れば癒されそうですよね♪

この記事では、ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判やレビューとともに、組み立ては簡単なのかなどの特徴についてもご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

▼布製ハンモックのボンビアルコンキャットポールはこちら

created by Rinker
ボンビアルコン (Bonbi)

▼透明ボウルのボンビアルコンキャットポールはこちら

スポンサーリンク

ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判をレビュー!

ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判やレビューについてまとめていきます。

良い口コミだけでなく、悪い口コミもしっかりチェックしていきましょう!

ボンビアルコンキャットポールの悪い口コミ

ボンビアルコンキャットポールの悪い口コミ

まずは、ボンビアルコンの悪い口コミからまとめていきます。

悪い口コミには、以下の3つがありました。

  • ステップが滑りやすい
  • ステップの幅が少し狭い
  • 天井の突っ張り部分が緩んでくる

1つずつ、チェックしていきましょう。

ステップが滑りやすい

キャットポールの棚板には布張りが施されているのですが、猫によっては滑りやすく登りにくいことがあるとのこと。

対策としては、滑り止めマットや厚めの布などを設置すれば、滑りにくくしてあげることができますよ。

猫が飛び乗った時に滑ってしまうのでは?と気になる方は、滑り止め対策を行うと「落ちてしまいそうで心配」などの悩みが軽減されると思います。

ステップの幅が少し狭い

ボンビアルコンキャットポールのステップの幅は、直径約33cmなので決して狭くはありません。

「狭くて登れない」というよりは、「少し狭そう…」と感じる方が多いということですね!

むしろ、猫ちゃんが気に入ってくれると1日に何度も登って楽しんでくれるといった喜びの声が多く聞かれています。

とはいえ、猫の体型によって使い勝手は違ってきますし、狭くて登りにくそうと感じることがあるかもしれません。

ちなみに、棚板やハンモック1段あたりの耐荷重は、5kgとなっています。

また、先ほどお伝えした様にステップの直径は約33cm。

これらの数字を目安に、猫の体格を考えながら検討していくと良いのではないかと思います。

天井の突っ張り部分が緩んでくる

ボンビアルコンキャットポールは、床と天井の間(220cm〜265cmまで調節可能)にポールを突っ張らせて固定するので、使っているうちに緩んでしまう可能性があります

床と天井の間にポールを突っ張っているだけなので、猫が飛び乗ったりすれば少しずつ突っ張り部分に負荷がかかります。

ですので、使っているうちに突っ張り部分が緩んでくるかもということは、頭に入れておいた方がいいかもしれません。

どんなキャットタワーも使っているうちに多少はズレちゃう可能性大!

ですが、使い始めてすぐに緩んでしまうのではなく、約半年〜1年程度で緩んでくることがあるとのこと。

少し面倒かもしれませんが、定期的に緩みを確認してしっかりとネジを締めればOKです^^

突っ張り部分が緩んでしまうことの対策として、以下の2つが挙げられます。

  • 天井部をビスで固定する
  • 耐震ジェルを挟み固定する

しっかり対策する事で「安定して突っ張れている」という意見もあったので、工夫しながら設置できると良いですね!

▼布製ハンモックのボンビアルコンキャットポールはこちら

created by Rinker
ボンビアルコン (Bonbi)

▼透明ボウルのボンビアルコンキャットポールはこちら

ボンビアルコンキャットポールの良い口コミ

ボンビアルコンキャットポールの良い口コミ

ここからは、ボンビアルコンキャットポールの良い口コミについてまとめていきます。

愛猫が気に入ってくれた

  • 猫が気に入ってくれてよく遊んでいる
  • 数日かかったけど、慣れたら楽しそうにしている
  • ハンモックが気に入っている

圧倒的に多かった声が、愛猫が気に入ってくれたという声です。

特に、付属のハンモックは大人気だそうですよ^^

ハンモックの素材は、布を採用しています。

布製のハンモックにスッポリ収まっている姿を想像したら、可愛くて堪りませんね^ ^

ちなみに、別売り商品で「キャットポール クリアハンガー」という透明のボウルもあります。

透明のボウルですので、愛猫のお腹から肉球など、普段はあまり見せてくれない様な部分が丸見えですよ♪

最初から透明ボウル付属のキャットポールもあるよ!

省スペースなのが良い

  • 置き型よりも場所を取らず良い
  • 省スペースで邪魔にならない

ボンビアルコンキャットポールの本体サイズは、(約)幅53cm×奥行70cm×高さ265cmとなっています。

サイズから分かる様に、高さを利用した商品で横幅を取らずに省スペースで設置可能です。

多頭飼いの場合には、猫の数に合わせて複数購入し、並べて設置しても邪魔になりにくいです。

実際に、2つ購入して並べて使っている方もいるんですよ♪

アパートなどの賃貸や狭い部屋でも使用しやすいのも嬉しいポイントですね^^

デザインが好き

  • インテリアとしても良い
  • シンプルで良い

キャットポールの見た目は、支柱に棚板5枚とハンモック1つが付いているだけのシンプルなキャットタワーです。

色は、棚板が濃い茶色、ハンモックが橙色と温かみのある色合いですね。

インテリアの1つとしてオシャレですし、部屋の雰囲気なども邪魔しません。

組み立てが簡単

  • 1人で組み立てができた
  • 不器用な人でも簡単にできる
  • 女性1人でも大丈夫だった

ボンビアルコンキャットポールの組み立ては、床と天井の間にポールを突っ張るだけ!

ですので、組み立てが簡単かつ短時間で済ませられる事が最大の特徴となります。

組み立てとか苦手だわ・・・

という方でも簡単に組み立てられるそうですよ♪

▼布製ハンモックのボンビアルコンキャットポールはこちら

created by Rinker
ボンビアルコン (Bonbi)

▼透明ボウルのボンビアルコンキャットポールはこちら

スポンサーリンク

ボンビアルコンキャットポールの組み立て方を紹介!

ボンビアルコンキャットポールの組み立て方法について、解説していきます。

部品は多いように感じるかもしれませんが、組み立てはシンプル!

簡単な組み立て方法は以下になります。

  1. 本体ポールを組み立てる
  2. ベース板を取り付ける
  3. 天井押さえを取り付ける
  4. 本体ポールの上下を組み立てる
  5. 天井に固定する
  6. 棚板・棚板カバー・ハンモックを取り付ける

説明書など文章で理解するのが苦手な方は、分かりやすい組み立て方法の動画もありますので安心です^^

必要な工具は付属されているから、わざわざ準備をする必要がないよ!商品が届いたらすぐに組み立てれるから便利♪

▼布製ハンモックのボンビアルコンキャットポールはこちら

created by Rinker
ボンビアルコン (Bonbi)

▼透明ボウルのボンビアルコンキャットポールはこちら

スポンサーリンク

ボンビアルコンキャットポールの特徴

ボンビアルコンキャットポールの特徴

ボンビアルコンキャットポールの特徴について、まとめていきますね。

省スペースで設置できる

ボンビアルコンキャットポールの本体の大きさは、以下の通りです。

  • 高さ:220cm~265cm
  • 幅:53cm
  • 奥行:70cm

キャットタワーは、高さ・幅も大きく、場所を取るものが多いと思います。

ボンビアルコンキャットポールは、高さを利用したキャットツリーなので、省スペースで設置ができ邪魔になりにくいのが特徴。

狭い部屋などで使用したい方に人気です♪

天井などに穴を空ける必要がない

ボンビアルコンキャットポールは、天井にポールを突っ張り固定するタイプです。

つまり、天井などに穴を開けずに取り付けが可能です。

「でも、突っ張るだけで大丈夫?」と思うかもしれませんが、安全に使える工夫が施されています。

突っ張る時に、床側に使用する「ベース板」は約55cmと大き目なので、安定感があります。

また、スチール製のポールを採用する事で、強度・安定性の高さが考慮されているんですよ。

ですので、天井に穴を開けたくない・開けられない方も、安心して設置ができます。

カスタマイズしやすい

ボンビアルコンキャットポールは、シンプルな構造なだけにカスタマイズもしやすいです。

以下の2つの商品を紹介しますね!

キャットポール専用連結棚

キャットポールを2つ並べて、その間に設置する事で、キャットポールとキャットポールを橋の様に渡れる商品です。

長さは、2種類あります。

  • ポール間 約60cm (P-600)
  • ポール間 約90cm (P-900)

※ 耐荷重:5kg

取り付け方も簡単です。

選んだサイズに合わせて、キャットポールとキャットポールの距離を離します。

後は、その間にしっかり固定をするだけです。

▼キャットポール専用連結棚はこちら

キャットポール専用連結ハンモック

キャットポールとキャットポールの間に設置するハンモックです。

2匹の猫が並んで、横になれます。

長さは、ポール間が約90cmの1種類となります。※ 耐荷重:約10kg

取り付け方法は、以下の通りです。

  1. キャットポール専用連結ハンモックに付属されている棚板をキャットポールに取り付ける
  2. ハンモックを組み立てる
  3. 棚板にハンモックを取り付ける

どちらの商品も、工具が付属されているよ♪

▼連結ハンモックはこちら

▼布製ハンモックのボンビアルコンキャットポールはこちら

created by Rinker
ボンビアルコン (Bonbi)

▼透明ボウルのボンビアルコンキャットポールはこちら

スポンサーリンク

ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判をレビュー!組み立て方は簡単?まとめ

以上、ボンビアルコンキャットポールの口コミ評判やレビューと、組み立て方法、特徴についてまとめました。

最後にもう1度、口コミをまとめてみます。

  • 猫が喜んで遊ぶ、特にハンモックがお気に入り
  • 省スペースで邪魔にならない
  • 組み立てが難しくない
  • インテリアとしてもおしゃれなデザイン

口コミの内容からも、なぜ評価が高いのか納得の商品ですね。

簡単にカスタマイズすることもできるので、愛猫の満足感に繋がりストレス解消にもなりそうです♪

ボンビアルコンキャットポールは、大切な猫ちゃんにとっても飼い主さんにとっても使いやすいキャットタワーだと思います^^

▼布製ハンモックのボンビアルコンキャットポールはこちら

created by Rinker
ボンビアルコン (Bonbi)

▼透明ボウルのボンビアルコンキャットポールはこちら

猫グッズ
スポンサーリンク
ミルクな暮らし
タイトルとURLをコピーしました